【MTG】パイオニア環境の部族デッキ『赤単ゴブリン』デッキレシピ!

2022年パイオニア環境で格安のゴブリンデッキを組む

「パイオニアのデッキ、格安で組めないだろうか…?」

と思いながら色々なデッキレシピを見ていた時に発見した格安の『赤単ゴブリン』。

モダン以下の環境では「ゴブリンの女看守」が活躍したり…

ゴブリンの女看守 MTG
レガシーでは大変苦しめられた記憶がある

スタンダードでは「雄叫ぶゴブリン」などが活躍する『ゴブリン』デッキがあったり、MTGの様々な環境で楽しまれている部族デッキですね。

雄叫ぶゴブリン MTG
今回紹介する『赤単ゴブリン』にも採用されるゴブリン、「雄叫ぶゴブリン」。

今回はパイオニア環境で構築される『赤単ゴブリン』を紹介します。

以前にも5,000円以下で構築できるパイオニア環境の『赤単ゴブリン』を紹介していたんですが、そのデッキよりもさらに安価に構築できるデッキです。

構築費用が約4,000円とかなり格安かつ部族シナジーを感じられるデッキ。

今回もデッキレシピと気になるカードについてまとめたので、パイオニア環境参入やデッキ構築のヒントにしていただければ幸いです。

目次

パイオニア環境の激安『赤単ゴブリン』のデッキレシピ

メインデッキ[60枚]

クリーチャー(34)
4 ボーマットの急使
4 鋳造所通りの住人
4 軍勢の忠節者
4 雄叫ぶゴブリン
4 炎樹族の使者
4 ゴブリンの扇動者
3 ゴブリンの群衆追い
1 流星の信奉者、ゴロゴロ
2 航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ
4 無謀な奇襲隊
 
エンチャント(6)
4 熊野と渇苛斬の対峙
2 ケルドの炎
 
土地(20)
4 エンバレス城
16 山

サイドボード[15枚]

3 トーモッドの墓所
3 ギラプールの希望
3 引き裂く流弾
3 過酷な指導者
3 ゴブリンの鎖回し

デッキ総額は約4,000円!安価でパイオニア環境を楽しめる!

Wisdom Guildでシングルカード最低価格の合計金額を調べたところ、デッキ構築金額が約4,000円(3,950円)でした。

レシピを見たときに”結構安価で組めそうだなー”とは思っていたんですが、まさか5,000円以下に収まるとは…。

ちなみに一番高額なカードがサイドボードの「引き裂く流弾」で一枚350円。

価格が高騰してますね。

ちょっと前まで100円以下で買えてたアンコモンだったので、もしかしたらどこかのストレージに紛れてるかも…。

パイオニア以下のサイドカードとして今後も重宝しそうなので、見つけたときには確保しておきましょう。

パイオニア環境の『赤単ゴブリン』で気になるカード

パイオニア環境で使用可能なゴブリンは?

パイオニア環境の『ゴブリン』、メインデッキは34枚がクリーチャーでそのうち24枚がゴブリン。

冒頭でも紹介したスタンダード環境で活躍中の「雄叫ぶゴブリン」や、モダン以下でも活躍している「無謀な奇襲兵」などが4枚づつ採用されています。

雄叫ぶゴブリン MTG
マナフラ受けにもなる
無謀な奇襲隊 MTG
“怒涛”コストだとかなりお得なクリーチャー

タフネスの修正が無いのがゴブリンらしくていいですよね。

で、前回紹介した”パイオニア環境、5000円以下赤単ゴブリン”でも採用されていた1マナゴブリン、「軍勢の忠節者」が今回のゴブリンデッキにも採用されています。

軍勢の忠節者 MTG
パワーを強化する効果のクリーチャーが多いこのデッキと相性がよい

全体除去や全体ダメージが非常に怖いですが、それらが出るまでにうまくライフを削っていきたいですね。

ドミナリアの英雄譚「ケルドの炎」

今回の『赤単ゴブリン』ではNEO神河の英雄譚「熊野と渇苛斬の対峙」だけでなく、ドミナリアの英雄譚「ケルドの炎」が採用されています。

2章からの効果がかなり強力

アグロデッキなのでかなり早い段階で手札を使い切ることが想定されるので、1章のデメリットは帳消しにできることも多そう。

3章の能力とクリーチャーのパワー強化を組み合わせれば、一気にゲームを決められそうですね。

起動型能力に制限がかかる「過酷な指導者」

起動型能力を活用するデッキにかなり効果的な対策カード、「過酷な指導者」。

短いフレーバーテキストってかっこいいもの多くないです?

相手のデッキ次第ですが、相手のライフを詰めるのに貢献しそうな1枚ですね。

クリーチャー化する土地等の採用が目立つパイオニア環境では結構サイドインの機会がありそう。

バーンなどでもサイドの選択肢に入りそうな1枚なので、赤が好きな人は持っておくとよさそうですね。

パイオニア環境で安価で部族デッキを楽しむなら『赤単ゴブリン』!

4,000円以下と安価ながら、部族シナジーを活用する本格的な部族デッキの『赤単ゴブリン』。

英雄譚とクリーチャーを活用すれば、一気にゲームを決められそうで面白そう。

これからパイオニア環境で遊ぼうと思っている人、新しいパイオニアのデッキを作ろうと思っている人はぜひ構築を検討してみてもらえれば嬉しいです。

このブログではこのデッキ以外にもMTGを比較的安価に遊べるデッキを紹介しています。

もしよければ他の記事も見てみてもらえれば幸いです。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次