【MTG】レガシー環境でLEDを使わない格安『ドレッジ』デッキレシピ!

MTGレガシー環境の『ドレッジ』デッキレシピ

20年前以上前、僕は中学生時代にMTGをやっていた時は高価で手に入れられなかった1枚、「イチョリッド」。

当時「イチョリッド」を使ったデッキに成すすべなく敗北したことはいまだに覚えています。

何度でもよみがえる3点火力

今回紹介するデッキはこの「イチョリッド」が活躍するレガシー環境の『ドレッジ』。

昔高かった「イチョリッド」も現在は100円以下で購入可能。

当時手に入れられなかったカードを使って遊べるの、レガシーの大きな魅力ですよね…!

最近の『ドレッジ』は「ライオン瞳のダイアモンド(通称:LED)」が採用される『マナレスドレッジ』が多いですが、今回のデッキレシピは土地を13枚採用したデッキなので、『マナレスドレッジ』よりかなり格安に組めるデッキとなっています。

ライオン瞳のダイアモンド MTG
1枚5万円以上する高額カード

自分が気になるカードなどもまとめたので、レガシー環境への参入を考えている人、新しいデッキのヒントを求めている人の参考になれば幸いです。

目次

レガシー環境の格安『ドレッジ』のデッキリスト

メインデッキ[60枚]

クリーチャー(12)
4 ゴルガリの凶漢
4 ナルコメーバ
4 臭い草のインプ
3 イチョリッド
4 ゴルガリの墓トロール
1 アゴナスの雄牛
1 甦る死滅都市、ホガーク
  
呪文(22)
4 陰謀団式療法
4 入念な研究
4 信仰無き物あさり
4 異世界の凝視
2 トレイリアの風
4 意志の力
  
エンチャント(4)
4 黄泉からの橋
  
土地(13)
4 セファリッドの円形競技場
4 焦熱島嶼域
1 宝石鉱山
4 マナの合流点

サイドボード[15枚]

4 蒸気の連鎖
1 キオーラの放逐
1 悪ふざけ
1 戦慄の復活
3 神聖の力線
4 虚空の力線
1 灰燼の乗り手

デッキ総額は約86,000円!「意志の力」があれば結構格安!

Wisdom Guildで採用されているシングルカードの合計価格を確認したところ、シングルカード最低価格の合計金額は約86,000円でした!

1枚1万円以上する高額カード、「意志の力」を4枚採用してこの価格なのはすごいですね。

意志の力 MTg
この間ようやっとアライアンス版で4枚揃えることができました。

今回の『ドレッジ』や、この間紹介した『青単パラダイム・シフト』などなど、「意志の力」を揃えるとある程度の出費でデッキを作れるようになるので、逆に出費がかさみますね…レガシーの沼加減を感じます…。

『青単パラダイム・シフト』も比較的安価にレガシーを楽しめるデッキなので、こちらもよかったら見てみて下さい。

ちなみにこれ以外の高額カードは5色土地の「マナの合流点」で1枚3,500円からでした。

マナの合流点 MTG
じわじわ値上がってますね。

「マナの合流点」、『レインボーデプス』や『多相ドワーフ』などの格安レガシーデッキで使われることの多いカードなので、こちらも揃えておくとデッキの幅が広がる感じがします。

『レインボーデプス』もこのブログで紹介しているので、気になった人はこちらからご覧ください。

レガシー環境の『ドレッジ』に採用されているカード

“発掘”を持ったカードやルーティング呪文が多数採用

このデッキで多用する墓地を肥やす事ができる常在型能力”発掘”。

墓地を活用する『ドレッジ』では”発掘”を活用して墓地にカードを落とし、場のアドバンテージを拡げていきます。

6枚のカードを墓地に落とせる「ゴルガリの墓トロール」

常在型能力なので「真髄の針」や「もみ消し」などを使えないのがかなり強力ですよね。

今回の『ドレッジ』では発掘6を持つ「ゴルガリの墓トロール」以外にも発掘4を持つ「ゴルガリの凶漢」などが採用されています。

また、他にも墓地を肥やすため、「信仰無き物あさり」や「異世界の凝視」等の呪文も採用。

信仰無き物あさり MTG
リアニメイトでも使われる強力なルーティング呪文
墓地活用系のデッキと相性のいい1枚

どちらもフラッシュバックが付いているので、墓地に落ちても活用できるのがいい感じです。

墓地に落ちて効果を発揮する「黄泉からの橋」

墓地に落ちていれば効果を発揮する特殊なエンチャント、「黄泉からの橋」。

『ドレッジ』における盤面展開の大きな鍵になる1枚ですね。

複数枚場に出ていればかなりのアドバンテージが獲られる

場と墓地を行き来する「イチョリッド」と相性バツグンの1枚です。

相手の墓地にクリーチャーが置かれないように、サイドの「虚空の力線」などでうまく対応していきたいですね。

サイド後に重宝しそうな「蒸気の連鎖」

墓地を利用する『ドレッジ』では、サイド後に墓地対策をされることがほとんど。

虚空の力線 MTG
これらの対策カードへの対策が必要

これらの置物に対応できる万能バウンス、「蒸気の連鎖」がサイドボードに採用されています。

土地以外を1マナでバウンスできる

連鎖サイクルはデメリットとして条件付きで相手にも呪文をコピーさせる能力もついていますが、土地を生贄に捧げるのはかなりリスキーなのでコピーはまずされなそう。

5色土地が採用されているので他の置物対策カードを採用しても良さそうですね。

リアニメイトとは違った魅力のある『ドレッジ』!

リアニメイトのような速さはないですが、墓地を活用して盤面を盛り上げていくのが楽しい『ドレッジ』。

10万円以下とレガシーでは格安で構築できるデッキなので、これからレガシー参入したい人にもおすすめのデッキです。

「意志の力」を4枚採用してこの価格、かなりアツいですね。

気になった人はぜひ遊んでみてもらえればと思います。

このデッキ以外にもレガシー環境で組みやすいデッキをまとめたので、もしよかったらこちらもご覧ください。

それでは今日はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!

MTG新製品"団結のドミナリア"の予約はこちら!

下のボタンからチェックしていただくと、筆者のモチベーションがアップします。

目次