【MTG】2022年9月のパウパー環境、どんなデッキが使われてた?

2022年9月のMTGパウパー環境ではどんなデッキが使われてた?

格安ながら幅広いカードプールでMTGを楽しめる、パウパー環境。

2022年9月には、どんなデッキが使われていたのか?

調べた結果をまとめていこうと思います。

前回パウパー環境のデッキについて調べたのが、ダブルマスターズ2022発売前の6月末でした。

この時から”ダブルマスターズ2022″と”団結のドミナリア”のカードが追加となったパウパー環境。

“ダブルマスターズ2022″でコモン収録されたあのカードや”団結のドミナリア”の新登場カードが結構活躍していますね。

今回もデッキの使用率だけでなく、気になるカードなどについても記録しておきます。

パウパー環境に興味のある人は、ぜひ最後までお読みください!

目次

パウパー環境のデッキ使用率(2022年9月)

まず2022年9月30日現在、MTG GOLD FISHさんのデータを参考にデッキの使用率を表にまとめました。

順位デッキ名MTG Gold Fishのメタ%
1位赤単バーン31.4%
2位赤単悪鬼シュート8.0%
3位セレズニアボーグル6.9%
4位ボロスアグロ6.1%
5位ディミーアコントロール5.0%
赤単バーンがかなり強力な環境に

最近のセットでかなり強化された『赤単バーン』が強い!

最近のパウパー環境では『赤単バーン』が、かなり強力になっています。

一番の強化につながったのが、”ダブルマスターズ2022″でコモン収録された「僧院の速槍」ですね。

MTG 僧院の速槍
レアでもいいくらい強いと思ってます。

レガシーの『赤単バーン』でも4枚採用されるこのカードがパウパー環境に与えている影響はかなり大きく感じます。

『赤単バーン』だけでなく、同じく赤単の『悪鬼シュート』にも採用。

今後、禁止にならない限りはかなり使われるカードになるでしょうね。

この「僧院の速槍」を活かすため、”イニストラード:真紅の契り”から「無謀なる衝動」も採用されるデッキレシピが最近結構多いです。

無謀なる衝動 MTG
ハンドアドバンテージを得られる

この2枚が入ってくるだけで、今までの『赤単バーン』よりかなり早くライフを削れます。

実際Moで遊んでみても、以前のバーンとは比べ物にならない位強いと思うので、ぜひ一度遊んでみて欲しいデッキですね。

神河で強化されていた『セレズニアボーグル』

“呪禁”を持ったクリーチャーなどをどんどん強化していく、『セレズニアボーグル』。

デッキ名にもなっている「ぬめるボーグル」、きもかわいいというかなんというか、愛着がある1枚ですよね。

ぬめるボーグル MTG
ぬめっている

大幅強化された赤単系デッキの次に付けた理由として、”神河 輝ける世界”での強化があげられそう。

エンチャントカウントを稼ぎつつドロー付きの「神憑く相棒」や…、

神憑く相棒 MTG
イラストもかわいいですよね。

エンチャントを多く採用しているデッキと相性のいい、「精霊との融和」が強化につながっています。

精霊との融和 MTG

『セレズニアボーグル』、突出して強い時期はないですが、安定してパウパー環境にいる印象。

ながーく楽しめるデッキを求めている人にはピッタリかもしれませんね。

「トレイリアの恐怖」が強い!『ディミーアコントロール』

“団結のドミナリア”で僕が注目していた、「トレイリアの恐怖」。

コモンとは思えないとんでもない性能を持ったクリーチャーだなぁと思っていました。

トレイリアの恐怖 MTG
護法もついてるのがすごすぎる

このカードと同じく墓地を活用する5/5クリーチャー、「グルマグのアンコウ」を採用したディミーアコントロールが好成績を残していますね。

グルマグのアンコウ MTG
1マナで5/5が出せる可能性がある

クリーチャーはこの2種類の8枚採用のみというリストも、結構多いです。

序盤をしのぎ切ればかなり強そうですね。

使いこなせれば、すごい楽しそうな印象です。

デッキ価格が上がってきたパウパー、『白単』なら安く参入可能!

MTGを格安で楽しめるし、大手ショップ晴れる屋で”パウパー神決定戦”が開かれるなど人気がどんどん上がっている印象を受けるパウパー環境。

その反動か、パウパーのカード需要があがりデッキ価格の上昇を感じますね。

以前は3,000円前後のデッキが結構あった印象でしたが、最近は5,000円を切るデッキレシピが少ないのではないでしょうか?

そんな中でもお小遣い制MTGプレイヤーなどに優しいのが”白単”系のデッキですね。

最近も2,000円以下でMoリーグ5勝0敗を達成するなど、安いけど強力なデッキが構築可能です。

サイドボードに採用されることが多い高額カード、「塵は塵に」が無くてもしっかり結果を残している印象を受けます。

塵は塵に MTG
汎用性は高いので、お金があれば持っておくといいかも

「MTGに割けるお金は少ないけど、パウパーも遊んでみたい…!」

という人は、まず白単系のデッキからはじめてみるといいかもしれませんね。

パウパー環境で気になるMTGカード

古いカード、値上がる前に揃えちゃいたい

最近デッキレシピを調べていて感じるのが、再録が少ない人気カードの価格高騰。

黒の強力な除去、「殺し」や「チェイナーの布告」や…

殺し MTG
インスタントのピッチスペル
チェイナーの布告 MTG
フラッシュバック付きで後半戦にも強い

緑のエンチャント、「楽園の拡散」など、コモンでも1枚300円以上するカードが結構出てきてますね。

楽園の拡散 MTG

再録されれば値下がりするとは思いますが、なかなか再録されない現状を考えると、組みたいものは早めに組んじゃうのがよさそうな気がします。

“バルダーズゲート”のコモンが結構活躍してる

結果的に不人気商品となってしまい、かなり安売りされている”バルターズゲート”ですが、コモンを見てみると結構いいカードが採用されてるんですよね。

赤の最強火力「稲妻」も収録されているし、新録の青のコモン「ケンクのアーティフィサー」は上位5つのデッキでは採用されていないものの、他のデッキで活躍しています。

飛行を持ってるのが厄介

レガシーで最近ちょっと人気になっている「ミンスクとブー」も値段が上がってきたし、だんだん価値が出てくるBOXかも…。

現状8,000円以下でセットブースターBOXを購入可能なので、欲しい人は需要が上がる前に早めの購入がおススメです。

バーン1強はづつくのか?今後の動向が気になるパウパー

『赤単バーン』がかなり強力な印象のパウパー環境。

禁止改定がなければ2022年11月の新セット、”兄弟戦争”まではこのまま結果を残し続けそうな気がします。

今後も引き続き調べて、またブログのまとめていこうと思いますので、ひきつづきチェックしてもらえると嬉しいです。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次