2022年、僕が考えるアーティストを応援する効果的な方法はこれです!

2022年好きなアーティストを応援する方法は?

先日、サカナクションの山口一郎さんが活動休止を発表されましたね。

山口一郎さんのツイートのこの一文、すごく印象的でした。

コロナ禍で頑張りすぎたのか燃え尽き症候群だったみたい。

山口一郎さんTwitter

2020年あたりから従来のライブ活動などが難しくなり、プロ・アマ問わず色々な音楽アーティストが悩みながら活動しているのではないでしょうか?

プロアマ問わず、モチベーションの低下しやすい環境になりやすいのなぁと感じていて、自分のまわりも、個人・バンド問わず活動が停滞している人が多いなぁと感じています。

今後もアーティストの方々に活動を続けてもらうためにはどうすればいいのか?

今日は”アフターコロナにアーティストを支援する方法”を考えてみたので、皆さんにお伝えしようと思います。

先に結論だけお伝えすると、音楽アーティストを応援する方法は”聴いたことをデータでアーティストに伝えること”

今までの支援方法を振り返りながら、今後の応援方法について詳しくお伝えするので、アーティストを支援したいリスナー、仲間を支援したいアーティストはぜひ最後までお付き合いください!

目次

2022年以前の音楽アーティストを支援する方法は?

まず今までのアーティストを支援する方法を、自分が思いつく限りリストアップしてみました。

  • イベントに行く
  • 音源や物販を買う
  • サブスクで音源を聞く
  • クラウドファンディング支援
  • 曲やライブなどの感想を伝える

とりいそぎこんな感じでしょうか。

音楽を制作するアーティストは、これらの支援があることで新しい機材などを導入することが可能になり、よりよい制作環境を構築することが出来ます。

また、リストアップした項目の中で最後に挙げた、”曲やライブなどの感想を伝える”ということはアーティスト自身が意図していなかった曲やライブの良さを知ることに繋がるので、お金には代えがたい収穫だったりしますね。

アーティストが収入を得る仕組みについて詳しく知りたい人は、こちらの記事も読んでみてもらえれば幸いです。

ここ2~3年でのアーティストを支援する方法の変化

で、今までの応援方法がこの2~3年でどうなったのか、まとめてみました。

  • 【減少】イベントに行く
  • 【減少】音源や物販を買う
  • 【変わらず】サブスクで音源を聞く
  • 【増加?】クラウドファンディング支援
  • 【減少】曲やライブなどの感想を伝える

データを集計したわけではなくあくまで体感ですが、おおむねこんな感じでアーティストを支援する機会が減少していると思います。

コロナ禍中、クラウドファンディングをよく見かけましたが、僕らのようにアマチュアで小規模に活動しているアーティストがやるには敷居が高い感じがしますね…。

2~3年続いたコロナ禍の日々は、イベントやライブがどれだけアーティストの助けになっていたかを感じる日々でした。

僕自身、自分のライブが出来なかったこともそうですが、イベントを通じた他のアーティストと交流ができないことが大きなモチベーションダウンの一因だったように感じます。

現在も様々な要因でイベントの中止や制限等が続いてますが、そんな中でも変わらずに出来る応援方法が“サブスク等で好きなアーティストの音楽を聴く”ことだと僕は考えています。

アーティストを応援する効果的な方法は“聴いていることを伝える”

ここ数年でかなり身近になった”spotify”や”Apple music”などの音楽サブスクリプションサービス(以下サブスク)。

皆さんのお気に入りのアーティストも音源をアップしていませんか?

(僕もyukkerom名義で曲を出しているのでもしよかったら聴いてくださいね…。)

  • URLをコピーしました!

MTG新製品"団結のドミナリア"の予約はこちら!

下のボタンからチェックしていただくと、筆者のモチベーションがアップします。

目次