【MTGアリーナ:氷雪緑単】スタンダード2022のデッキレシピ!

今日はMTGアリーナの独自フォーマット、スタンダード2022で構築可能な「氷雪緑単」のデッキレシピを紹介します。

“イニストラード:真夜中の狩り”がリリースされるのと同時に行われるスタンダードローテーション。

そのローテーション後にも使用可能な、

  • ゼンディカーの夜明け
  • ストリクスヘイヴン
  • フォーゴトン・レルム探訪

のカードのみで構築するフォーマットが”スタンダード2022″です。

今回はそのスタンダード2022環境でプレイしていて最近目にする、「氷雪緑単」のデッキリストを紹介します。

形的には以前紹介したフォーゴトン・レルム探訪環境の緑単と似ているデッキです。

スタンダード2022で遊んでいる人、今後のスタンでどんなカードが使われそうか知りたい人は、ぜひ最後までお付き合いください!

目次

スタンダード2022氷雪緑単のデッキリスト
(MTGアリーナにインポート可)

【ここから下をコピーしてMTGAのデッキの[インポート]ボタンを押すとデッキが作成されます】

デッキ
4 群れのシャンブラー (ZNR) 207
4 老樹林のトロール (KHM) 185
4 エシカの戦車 (KHM) 169
4 ヤスペラの歩哨 (KHM) 178
4 カザンドゥのマンモス (ZNR) 189
2 豊穣の碑文 (ZNR) 186
4 レンジャー・クラス (AFR) 202
4 群れ率いの人狼 (AFR) 211
4 節くれだった教授 (STX) 133
2 吹雪の乱闘 (KHM) 162
4 ハイドラの巣 (AFR) 259
16 冠雪の森 (KHM) 285
4 不詳の安息地 (KHM) 255

サイドボード
1 環境科学 (STX) 1
1 害獣召喚学 (STX) 211
1 封印突破法 (STX) 125
1 マスコット展示会 (STX) 5
3 秘密を知るもの、トスキ (KHM) 197
2 豊穣の碑文 (ZNR) 186
1 蛇皮のヴェール (STA) 57
1 蛇皮のヴェール (KHM) 194
2 吹雪の乱闘 (KHM) 162
2 フロギーモス (AFR) 184

【ここから上をコピーしてMTGAのデッキの[インポート]ボタンを押すとデッキが作成されます】

スタンダード2022の氷雪緑単は約13,000円で構築可能

2021年8月26日にWisdomGuild(外部リンク)さんで紙のシングルカードの最安値を調査した所、カードの総額は約13,000円(12,160円)でした!

レンジャー・クラス MTG
一番高価なカードは『レンジャー・クラス』

紙でスタンダード2022に関する公式イベントはまだ行われていないので、参考までにご覧ください。

ちなみにレアリティの合計は、

  • 神話レア  1枚
  • レア   45枚
  • アンコモン 5枚
  • コモン  24枚

となっていて、レアの使用枚数が若干多めです。

氷雪緑単はどんなデッキ?採用カードは?

今回の緑単は氷雪能力を活用する「氷雪緑単」なので、基本土地は「冠雪の森」を使用します。

カルドハイム版「冠雪の森」
アイスエイジ版「冠雪の森」もいい

同じ土地でも、好みでどちらを使うかを考えるのも楽しいですよね。

それでは、スタンダード2022の緑単に採用されているカードを見ていきます。

優秀な緑のクリーチャー

フォーゴトン・レルム環境でも採用されていた「群れ率いの人狼」や「老樹林のトロール」が採用されています。

群れ率いの人狼 MTG
サイズアップも期待できる2マナクリーチャー
老樹林のトロール MTG
除去されてもエンチャントになる

フォーゴトン・レルム環境でも大活躍だった2枚、今後のスタンダードでも要チェックですね。

前回の緑単では採用されていませんでしたが、「節くれだった教授」も採用されています。

履修もできるしサイズもいい

4マナ、5/4トランプル+履修という優秀なクリーチャーです。

この辺の優秀なクリーチャーで攻め切るのが基本的なプレイングになります。

氷雪を活用したカード

【吹雪の乱闘】

氷雪パーマネントを3つコントロールしている状況下であれば、かなり優秀な除去呪文です。

破壊不能がつけば接死にも強い

【不詳の安息地】

アグロデッキでの採用率の高い「不詳の安息地」がこのデッキでも採用されています。

不詳の安息地 MTG
スタンやるなら持っておきたい。

アグロデッキなら色を問わず使えるカードなので、スタンダードをプレイする人は揃えておくのをおススメしたいですね。

これらのカードが収録されている「カルドハイム」、コレクターブースターがAmazonで18,800円くらいまで値下がってきてました!

イラストもかわいい「エシカの戦車」

カルドハイムから「エシカの戦車」も4枚採用されています。

とにかくイラストがかわいい

攻撃するたびに猫が増えるし、出すだけでトークンを生成できるので4枚採用されているようです。

4/4というサイズも除去しにくいいいサイズですね。

スタンダード2022で緑単を遊ぶならこのデッキリストがおススメ!

カルドハイムで採用されている氷雪能力を活用した「氷雪緑単」。

スタンダード2022でもよく使われているように感じます。

単色かつクリーチャー主体で初心者の人にも扱いやすいデッキではないでしょうか。

気になった人はぜひ組んで遊んでみてもらえると嬉しいです。

このデッキ以外にもスタンダード2022のデッキを紹介しているので、もしよかったらこちらもご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

目次
閉じる