【MTG】パウパー環境、どんなデッキが使われてたのか?2022年3月版!

パウパー環境ではどんなデッキが使われてたのか調べてみた

この記事ではパウパーでどんなデッキが使われていたのか、2022年3月に調べた結果をまとめています。

2022年3月7日、急遽パウパーの禁止改定があり、

  • 電位式リレー
  • 大霊堂の信奉者

が禁止、そして「探検の地図」が禁止解除となりました。

前回1月20日の改定と合わせて、親和デッキで使用率の高い「大霊堂の信奉者」が禁止ということで、親和デッキに影響がある禁止改定となりましたね。

大霊堂の信奉者 MTG
親和デッキのキーカード

また、パウパー環境では対応が難しいストーム系デッキのキーカード、「電位式リレー」が禁止になったので、また大きく環境が変わりそうです。

このカードが出て回り始めると対処がかなり難しかった

この記事では、3月7日禁止改定前のデッキの使用率をまとめておきました。

結果を先にお伝えすると、デッキ使用率1位は今回禁止になった「大霊堂の信奉者」が活躍する『ラクドス親和』ということで、やはり親和デッキが強かったようです。

1位以外にもパウパー環境でどんなデッキが使われていたのか?NEO神河のコモンからどんなカードが採用されているのか?気になる人はぜひ最後までお付き合いください!

目次

パウパー環境のデッキ使用(2022年3月)

まず2022年3月1日現在、MTG GOLD FISHさんのデータを参考にデッキの使用率を表にまとめました。

順位デッキ名MTG Gold Fishのメタ%
1位ラクドス親和10.9%
2位ディミーアフェアリー8.5%
3位バーン7.8%
4位赤白ビートダウン7.2%
5位ボーグル6.6%
使用率がだいぶ横ばいになってきた印象

エイトグなどが禁止になってもデッキパワーの高い『ラクドス親和』

冒頭でもお伝えした通り、主力クリーチャー「エイトグ」を失いましたが、『ラクドス親和』が使用率1位となりました。

エイトグ MTG
さようならエイトグ…

「エイトグ」がいなくなり、「クラーク族のシャーマン」などのクリーチャーがメインから採用されるデッキが多くなっていますね。

クラーク族のシャーマン MTG
飛行以外全体除去が可能

土地がほぼアーティファクト土地で構成されているので、早い段階で親和持ちのクリーチャーを展開できるのが強力でしたね。

「大霊堂の信奉者」が禁止になっても環境で戦えるのか?

今後の使用率が気になるデッキです。

上位に戻ってきた『ディミーアフェアリー』

以前ランキング上位の常連だった『ディミーアフェアリー』が使用率2位となりました。

青の打ち消し、黒の除去を活用してプレイする、ディミーアカラーらしいデッキですね。

ETB効果で呪文を打ち消せる「呪文づまりのスプライト」が強力です。

呪文づまりのスプライト MTG
飛行を持ってる

相手のターンにこのカードで相手の動きを妨害して、次の自分のターンに「深き刻の忍者」で「呪文づまりのスプライト」を回収する動きがいいですね。

深き刻の忍者 MTG
決まれば1ドロー

こちらのデッキは高めのコモンが多く、構築にかかる費用は約10,000円と少しお高めとなっています。

「祖先の仮面」が強力な『ボーグル』

基本的にはセレズニアカラーの『ボーグル(緑白呪禁)』が使用率5位。

エンチャントを展開して「祖先の仮面」でクリーチャーを大幅強化することを目指すデッキ。

祖先の仮面 MTG
5個エンチャントが出れば+10/+10

サイドボードに「鋭い痛み」を採用しているナヤカラーのデッキも多々見られます。

プロテクションを持ったクリーチャーにダメージを与えることができる

「楽園の拡散」など、多色化を安定させるエンチャントが入っているので、これ以外にも様々なカードを採用できるのがいいですね。

デッキ構築にかかる費用は約7,000円となっています。

このブログでもデッキリストを紹介してるので、もしよければこちらもご覧ください。

パウパー環境でも『赤単バーン』が活躍

今回ランキングで上位にランクインしていた『赤単バーン』。

今までも5位以内には入っていなかったものの、一定の結果を残しているアーキタイプですね。

僕自身、レガシーで赤単バーンを延々と回しているので、近々パウパーでも遊んでみたいなぁと思っています。

デッキの構築価格が約5,000円で、他の環境でも使われているバーンのカードが多いので、いろいろな環境でバーンを遊びたい人にはおススメのデッキです。

パウパー版『赤単バーン』のデッキリストもこのブログで紹介していますので、もしよければこちらもご覧ください。

パウパー環境で活躍する”神河 輝ける世界”のMTGカード

使えるしかわいい「神憑く相棒」

1ドロー付きクリーチャー、「神憑く相棒」がボーグルデッキで採用されています。

イラストもかわいい

エンチャントなので、「祖先の仮面」とシナジーがある1枚。

英語名が「Spirited(活発な) Companion(相棒)」を「神憑く相棒」と訳したのが面白いですね。

軽量アーティファクト「実験統合機」

『親和デッキ』で採用されているのが1マナアーティファクト、「実験統合機」です。

疑似ドローソースになる1枚

戦場に出たときと離れたときにライブラリートップのカードをプレイできるので、アドバンテージをひろげることが出来ますね。

特に『親和デッキ』ではアーティファクトを生贄に捧げる効果を持ったクリーチャーが採用されているので、このカードの下の効果の3マナ支払うことなくこのカードを墓地に送ることが出来ます。

面白い効果のコモンが収録されている”神河 輝ける世界”、コモンを集めるならドラフトブースターがおススメです。

神河 輝ける世界の商品一覧

デッキ使用率が横ばいになって一段と面白くなってきたパウパー環境

前回1月の禁止改定後、デッキの使用率が横ばいになってきたパウパー環境。

今回の禁止改定でまた環境が変わってきそうなので、どんなデッキがイベント上位に上がってくるのか楽しみです。

特に「探検の地図」が禁止解除になってトロン系のデッキがまた復活してくるかが、非常に気になる所。

無色で使いやすい土地サーチカード

今後も調査を継続してまとめていこうと思うので、引き続きチェックしていただければ幸いです。

このブログではパウパーをはじめ様々なデッキを紹介していますので、もしよければそちらもご覧ください。

それでは今日はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる