【MTG】モダン環境を格安で!安い『青単親和』デッキレシピはコレ!

モダンの青単親和のデッキレシピを紹介します!

10万円を超えるデッキも多い、MTGのモダン環境。

今日はそんなモダン環境に参入しやすい、安い『青単親和』のデッキレシピを紹介します。

アーティファクトを高速展開していくのが楽しい、”親和”系のデッキ。

今回はレガシーの親和デッキでも採用されることが多い「思考の監視者」などを採用している青単型となっています。

思考の監視者 MTG
条件が揃えば青1マナで召喚可能

これからモダンに参入しようと思っている人、モダンの新しいデッキを組もうと考えている人のヒントになれば幸いです。

それでは早速デッキレシピからご紹介していきます。

目次

モダン環境の『青単親和』デッキレシピ

メインデッキ[60枚]

クリーチャー(22)
4 メムナイト
4 羽ばたき飛行機械
1 ジンジャーブルート
4 金属ガエル
1 マイアの処罰者
4 滞留者の相棒
4 思考の監視者
 
呪文(7)
3 金属の叱責
4 物読み
  
アーティファクト(13)
2 溶接の壺
1 上天の呪文爆弾
1 大祖始の遺産
1 影槍
4 バネ葉の太鼓
4 頭蓋囲い
  
土地(18)
4 ダークスティールの城塞
1 島
4 霧霊堂の橋
1 天上都市、大田原
2 産業の塔
2 宝物庫
4 ウルザの物語

サイドボード[15枚]

1 トーモッドの墓所
1 墓掘りの檻
1 真髄の針
1 大祖始の遺産
1 呪われたトーテム像
3 減衰球
2 ハーキルの召還術
2 マナ漏出
1 現実チップ
1 刻まれた勇者
1 金属の叱責

デッキ総額は約34,000円!Moも同じくらいの価格で構築可能!

テーブルトップ

Wisdom Guildでカードの価格を調査したところ、今回の『青単親和』構築にかかる費用は約34,000円でした!

構築に10万円以上かかるデッキも多いモダン環境では、安いデッと言えるのではないでしょうか?

ちなみに一番高額だったカードはモダンホライゾン2のレアカード、「ウルザの物語」でした。

ウルザの物語 MTG
デザインもかっこいいですよね。

2022年10月現在、1枚5,000円と高額な土地カードとなっています。

モダン以下でかなり汎用性の高いカードなので、持っているとデッキ構築の幅が広がるカードなので、モダン以下を楽しみたい人は持っておくとよさそう。

次にモダン環境をオンラインで楽しめる、Magic Onlineでの構築価格もご紹介します。

Mo

Mo(Magic Online)では、約33,000円(221TIX)で構築可能でした。

カードの価格もテーブルトップとほぼ変わりない価格ですね。

店舗に行く時間が取れない人、オンラインでマジックを楽しみたい人はMagic Onlineの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

モダン環境の『青単親和』で気になるカード

超高速で展開されるアーティファクトクリーチャーたち

デッキ名にもなっている”親和”のメリットを最大限発揮するために、0マナアーティファクトクリーチャーが8枚採用されています。

特に「メムナイト」は再録されていないため、アンコモンですが1枚500円以上してますね。

メムナイト MTG
0マナでパワー1。強い。

軽量アーティファクトを展開して早いターンで「滞留者の相棒」が場に出ると、結構なプレッシャーになります。

滞留者の相棒 MTG
パウパー禁止も納得の1枚

あと、冒頭でも紹介した「思考の監視者」、親和で青1マナでキャスト可能なドロー付き2/2飛行ってすごいですね。

思考の監視者 MTG
値段がだいぶ落ち着いた。

モダンホライゾン2発売直後は500円以上していましたが、現在は200円程度で購入可能になっています。

だいぶ値下がりしたので、今が抑え時かもしれないですね。

サイドボードの選択肢が増える「ウルザの物語」

メインデッキから4枚採用されている強力な土地カード「ウルザの物語」。

どの章の能力も強力かつ、親和デッキと非常に相性のいいカードです。

ウルザの物語 MTG
3章でデッキからアーティファクトを引っ張ってこれる。

3章の効果があるおかげで、サイドボードの1マナ以下アーティファクトの採用枚数を減らすことが可能に。

このカードがあるおかげで、サイドボードで対策できるデッキがかなり増えている印象ですね。

このカードがレア枠で収録されているモダンホライゾン2、BOXがまだそんなに値上がっていないので、開封を楽しみながら資産を増やしたい人にはおススメです。

需要増でじわじわ値上がりしてるカードたち

今回カードの価格を調べてみると、色々なカードがじわじわ値上がりしてることに気づきました。

まず”テーロス還魂記”のアーティファクト、「影槍」。

影槍 MTG
以前は1,000円以下だったけど…

2022年10月現在、1,500円を超してますね。

高騰してる!ってほどじゃないですが、じわーっと値上がりしてる感じ。

今度買おーと思ってたらいつの間にか結構な値段になってそうな気配を感じるので、欲しい人は必要枚数そろえちゃった方がよさそうな気がします。

同様に、「バネ葉の太鼓」も地味ーに値上がりしてて、同じ雰囲気を感じますね。

バネ葉の太鼓 MTG
高級コモン。

あと以前から高額ではありましたが、「大祖始の遺産」もトリム平均が怪しげな動きをしているのも注意したいところです。

モダン環境で親和を楽しめる安い『青単親和』!

モダン環境を比較的安価に楽しめる、『青単親和』。

アーティファクトを高速展開できた時の爽快感が、たまらないデッキですよね。

安価に構築できるので、モダン入門やセカンドデッキによさそうなデッキだと思います。

このデッキ以外にもモダン環境で構築しやすいデッキをこちらの記事でまとめているので、もしよければこちらもご覧ください。

それでは今日はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次