【MTG】発売15日後のストリクスヘイヴンの注目カード5枚!(Part2)

今日の記事では2021年4月23日に発売された、ストリクスヘイヴンの注目カードを改めてランキング形式でまとめました。

日本語のミスティカルアーカイブの高騰が話題となっているストリクスヘイブン。

通常枠ではどんなカードが面白そうでしょうか?

スタンダードのイベントやSNS等で、見かけたカードをランキング形式で紹介します。

ストリクスヘイヴンの通常枠カードが気になる人は是非最後までお付き合いください!

目次

5位 – 命令サイクルの当たり!『プリズマリの命令』

まず予約の値段から値上がりの傾向にあるプリズマリの命令です。

命令サイクルでは一番の当たりか。

プリズマリミッドレンジでの採用率が高いカードですね。

クリーチャー、装備品両方にタッチできるので、トップメタの赤単、白単といったアグロへの強力な対策カードです。

特にエンバレスの宝剣を対処できるのは優秀。

価格は800円前後と少し高くなりましたが、プリズマリミッドレンジには必須のカードとなりそうですね。

4位 – マナ加速!『クアンドリクスの栽培者』

スルタイコントロールのトップメタ躍進に大きな力となったのは、クアンドリクスの栽培者ではないでしょうか?

スゥルタイコントロールなら4枚積んでおきたい。

最近のデッキレシピを見ると4枚採用しているデッキが多く感じます。

土地をアンタップインで戦場に出せて自身のスタッズも優秀ということなしですね。

こちらも今後のスゥルタイコントロールの必須カードになっていきそうなカードです。

3位 – リリア…『オニキス教授』

第3位はリリア…オニキス教授ですね!

プレインズウォーカータイプがリリアナって書いているのは気のせいです。

かなり重いカードですがコントロールデッキなら使いどころがありそう。

あと-3能力や-8能力をEDHで使ってみたいですね。

あまり使用されているデッキは多くありませんが、今後の活躍に期待のカードです。

ちなみにリリアナ教授、予約値から値段がかなり下がっていますね。今が買い時でしょうか?

ユッケロム

迷いますね…。

2位 – 白単大幅強化!『精鋭呪文縛り』

第2位は大活躍中の精鋭呪文縛り。

前方確認もできるし相手を縛れる。

前方確認ができる画期的な白のカード。

相手の手札を確認しつつ速いターンでの相手の動きを封じられるので白単アグロ等の大きな強化となりそうですね。

しかもさりげなく飛行が付いているところもポイント。

除去体制がないのがネックですがそれにしても強力なカードです。

今後白を使ったデッキには入ってきそうなカードなので用意しておくといいかもしれませんね。

1位 – 強力な打ち消し!『才能の試験』

最近スタンダードでよく見る打ち消し呪文、才能の試験を1位に選びました。

アンコモンでいいの?

アンコモンですが相手のキーカードを全て追放することのできるカード。

しかもシングルシンボルの2マナなので使い勝手もよし。

かなり強力な打ち消し呪文だなぁという印象ですね。

今後スタンのコントロールデッキではよく見るカードになりそう。

値段も安いうちにそろえておきたいカードです。

今後はどんなカードが採用される?目が離せない!

カードパワーが低めという記事をよく見るストリクスヘイヴンのカードですが、1位に選んだ才能の試験はかなり強力な印象を受けました。

今後どんなアーキタイプが誕生するのか?

メタゲームを追っていくのが楽しみですね!

今後もこのブログではメタゲームや注目のカードを紹介しますので見てみてくださいね!

あと、ストリクスヘイヴン、冒頭でも書きましたが日本語版ミスティカルアーカイブの高騰で品薄が予想されるので購入は早めの方がいいかもです…。

ザ・リストが気になる人はセットブースターもおススメ!

目次
閉じる