【MTGアリーナ】スタンダード環境の『イゼットコントロール』デッキレシピ!

MTGスタンダード環境の『イゼットコントロール』デッキレシピを紹介します!

早いもので、”団結のドミナリア”発売からもう一か月が経過。

スタンダードローテーションと黒が大幅強化で環境が大きく変わりましたね。

黙示録、シェオルドレッド MTG
値上がり続ける黒の強力なクリーチャー、「黙示録、シェオルドレッド」

黒の強力なカード、1枚5,000円オーバーになっていたりしてテーブルトップでの構築が結構厳しくなっている印象。

そこで、黒を使っていないデッキを色々探していた時にたどり着いた『イゼットコントロール』のデッキレシピを紹介します。

高額化が進むスタンダード環境で、比較的安価にコントロールデッキを楽しむことが可能なデッキ。

「テーブルトップをコントロールデッキで楽しみたいけど、黒のカード揃えるのはキツいな…。」

「スタンダードで新しいデッキを組みたい!」

という人は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

目次

スタンダード環境の『イゼットコントロール』のデッキレシピ

【ここから下をコピーしてMTGAのデッキの[インポート]ボタンを押すとデッキが作成されます】

デッキ
2 船砕きの怪物 (VOW) 63
2 溺神の信奉者、リーア (MID) 59
3 家の焼き払い (MID) 131
3 大勝ち (SNC) 102
4 考慮 (MID) 44
2 消えゆく希望 (MID) 51
3 勝利の炎 (DMU) 123
3 炎恵みの稲妻 (VOW) 158
2 かき消し (SNC) 49
2 記憶の氾濫 (MID) 62
1 否認 (RIX) 44
1 呪文貫き (NEO) 80
1 発見への渇望 (VOW) 85
1 電圧のうねり (NEO) 171
2 勢団の銀行破り (NEO) 255
2 セレスタス (MID) 252
1 巨竜戦争 (DMU) 121
6 島 (AFR) 266
5 山 (AFR) 274
1 天上都市、大田原 (NEO) 271
3 シヴの浅瀬 (DMU) 255
1 反逆のるつぼ、霜剣山 (NEO) 276
4 嵐削りの海岸 (VOW) 265
1 急流の崖 (IKO) 255
3 急流の崖 (M20) 252
1 ザンダーの居室 (SNC) 260

サイドボード
1 炎恵みの稲妻 (VOW) 158
1 否認 (RIX) 44
1 呪文貫き (NEO) 80
1 巨竜戦争 (DMU) 121
1 削剥 (AKR) 136
1 削剥 (VOW) 139
1 軽蔑的な一撃 (GRN) 37
1 軽蔑的な一撃 (GRN) 37
4 傲慢なジン (DMU) 52
1 焦熱の交渉人、ヤヤ (DMU) 133
2 未認可霊柩車 (SNC) 246

【ここから上をコピーしてMTGAのデッキの[インポート]ボタンを押すとデッキが作成されます】

デッキ総額は約23,000円!神話レアとレアの合計は32枚!

テーブルトップ

Wisdom Guildで今回の『イゼットコントロール』に使われているカードの価格を調べた結果、デッキ構築にかかる費用は約23,000円でした。

トップメタのデッキが5万円を超える現在のスタンダード環境では、比較的お安めのデッキと言えるのではないでしょうか?

ちなみに一番高額なカードはサイドボードに採用されている墓地対策カードの「未認可霊柩車」でした。

未認可霊柩車 MTG
強力な墓地対策カード

現在1枚2,500円程度。

スタンダード以外でも使えるカードなので、持っておけば今後も重宝しそうなカードです。

次点で高額だったのが青赤のスローランド、「嵐削りの海岸」でした。

コントロールデッキではデメリットが少ない1枚

こちらは1枚約2,000円くらいで取引されていますね。

2022年10月現在、イニストラードで登場した10枚のスローランドの中で一番高額なカードとなっているようです。

「未認可霊柩車」と「嵐削りの海岸」以外は、そこまで高額なカードが採用されていないデッキですね。

MTGアリーナ

MTGアリーナプレイヤーが気になる、レアリティーの内訳は下記の通り。

神話レア3枚
レア29枚
アンコモン5枚
コモン27枚
基本土地を除く

神話レアとレアの合計は32枚と、どちらかと言えば少な目といったところでしょうか?

調べてみたら最近のトップメタのデッキ、神話レアとレアの合計が50枚超えるデッキも結構あるんですね。

「ワイルドカードにそこまで余裕はないけど、ある程度消費してコントロールデッキを組んでみたい…!」

という人にはおススメのデッキといえそうです。

スタンダード環境の『イゼットコントロール』で気になるカード

テーブルトップで揃えやすくなったカード達

今回の『イゼットコントロール』で採用されたカードを見てみると、値下がりしていて揃えやすくなったカードがちらほらありますね。

まずコントロールデッキのフィニッシャーとして活躍している、「船砕きの怪物」。

船砕きの怪物 MTG
ホラー感ある見た目がたまらないですね。

出始めの時には1,000円以上するショップもチラホラありましたが、最近は500円程度で購入可能になってます。

呪文を唱えるたびの効果がとんでもなく強力なので、場に残すことができればかなり有利な盤面になる1枚です。

呪文部門では”イニストラード:真夜中の狩り”で登場した「記憶の氾濫」も以前より安価に入手することが可能になってますね。

記憶の氾濫 MTG
フラッシュバックがかなり強力な印象

こちらも発売直後は1,000円を超えていましたが、現在は200円程度で購入可能に。

青のコントロールデッキ向けのカード、結構安価になっているので今のうちに揃えるのが吉かもしれませんね。

「勝利の炎」、「セレスタス」強くないですか?

“団結のドミナリア”のカード、実際に体験してみて強いなーと感じたのが、「勝利の炎」。

2ターン目に5点ダメージをクリーチャーかPWに与えられる。

対黒だと「黙示録、シェオルドレッド」や「ヴェールのリリアナ」の除去に最適。

キッカーのおかげで後半ならハンドアドバンテージを失うことなく唱えられるのも強いですね。

あとコントロールデッキだとかなり強力になるのが、「セレスタス」。

セレスタス MTG
色事故防止にもなる1枚

ライフ得つつ手札を整えられるので、長期戦になればなるほど効果を発揮しますね。

「セレスタス」、安価で手に入るので何かのついでに揃えちゃってもいいんじゃないでしょうか?

「天上都市、大田原」は早めに買った方がいいかも

“神河 輝ける世界”で登場した、「天上都市、大田原」。

天上都市、大田原 MTG
お守りの1枚が活躍すること、結構ありませんか?

一時期は1,000円を割る価格で購入できていましたが、最近また値段が上がってきていますね。

Wisdom Guildのトリム平均が右肩上がりなので、じわじわ値上げしていきそうな気配を感じます。

4枚持っておく必要はないような気がしますが、数枚持っているとデッキの幅がひろがりそうなので、おススメの1枚です。

スタンダード環境で黒を使わない『イゼットコントロール』!

現在のスタンダード環境の中で比較的安価に構築できるコントロールデッキ、『イゼットコントロール』。

Moリーグでも5勝0敗を達成するなど、好成績を収めているデッキです。

特にテーブルトップで安価で構築できるデッキなので、FNMなどに持っていくデッキが決まってない人は今回の『イゼットコントロール』を試してみてはいかがでしょうか?

このブログではこのデッキ以外にも様々なデッキを紹介していますので、もしよかったらこちらもご覧ください。

それでは今日はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次