【MTG:パウパー5色トロン】現環境でもおススメのpauperデッキ!

今日はMTGの格安フォーマット、パウパーの5色トロンデッキを紹介します。

リスストーム等、強力なデッキが出てきたモダホラ2以降の環境でも5勝0敗を達成しているデッキなので、これからパウパーを始めたい人にもおススメのデッキです。

この記事は、

  • パウパー環境で遊んでみたい
  • パウパー環境のトロンデッキを知りたい
  • いろいろなデッキで遊びたい

という人におススメの記事になっています。

目次

パウパー5色トロンのデッキリスト

メインデッキ[60枚]

クリーチャー(7)
3 記憶の壁
4 熟考漂い
 
呪文(23)
2 輪作
4 払拭
1 儚い存在
1 残響する衰微
1 残響する真実
4 衝動
4 一瞬の平和
1 強迫的な研究
1 幽霊のゆらめき
1 ムラーサの胎動
3 神秘の指導
 
アーティファクト(8)
4 予言のプリズム
4 眷者の装飾品
 
土地(22)
1 誘惑の洞窟
2 島
1 クアンドリクスの学舎
1 急流の崖
1 茨森の滝
4 ウルザの鉱山
4 ウルザの魔力炉
4 ウルザの塔
4 興隆する島嶼
メインは赤を抜いた4色

サイドボード[15枚]

3 青霊破
4 赤霊破
3 古えの遺恨
1 喪心
1 嵐の乗り切り
3 ファングレンの匪賊
サイドに赤いカードが7枚

デッキ総額約5,000円!格安でトロン!

2021年8月2日のWisdomGuild(外部リンク)さんで紙のシングルカードの最安値を調査した結果、カードの総額は約5,000円(4,417円)でした!

パウパーの中では高価な部類のデッキですが、ウルザ土地はモダンのトロンでも使えますし、パウパー環境でも様々な形のトロンがあるので、飽きずに遊べます。

トロンの魅力を格安で感じたい人におススメのデッキですね。

また、先週このブログではモダンの格安トロンデッキも紹介しているので、もしよかったらそちらも見てみてください。

採用されているMTGカード

2マナドロー付きのクリーチャー「熟慮漂い」

メインデッキでパワーがあるクリーチャーは「熟慮漂い」のみ。

熟慮囲い MTG
パウパーやるなら4枚持っておきたい。

沢山のマナが出るトロンでは素出しも可能ですが、想起コストで唱えて儚い存在で生け贄に捧げる前にブリンクすればさらにドローすることが可能。

反復もついているので次の自分のターンにまた効果を使いまわせる

この2枚のシナジーはすごいですね…!

リスストームへの対応策「残響する衰微」と「残響する真実」

リスストームへの対抗策として以前紹介した、「残響する衰微」と「残響する真実」が一枚づつ採用されています。

残響する衰微 MTG
単体除去としても優秀
残響する真実 MTG
リスストームには効果抜群

対リスストーム以外でも腐ることなく使えるカードなのでメインから採用されています。

リスストームが存在する限り、色が合えば採用したいカードですね。

筆者が大好きな「強迫的な研究」

土地カードが多めのデッキなので「強迫的な研究」も採用されています。

強迫的な研究 MTG
顔よ

ちなみに私はこの強迫的な研究のミスティカルアーカイブ版の魅力に取りつかれて延々とコレクション中。

多言語も見つかり次第収集しています。

現在【日本語・英語・フランス語・韓国語・ロシア語】を手に入れました。

他の言語も見つかり次第購入しようと思ってますので、見かけた方はご一報ください!

格安MTGフォーマット、パウパーでトロンを楽しむ!

コモンで収録されたカードのみが使用可能なフォーマット、パウパー。

そのパウパー環境で長らく一定の使用率を維持しているトロンデッキは一度作れば長く遊べるデッキだと思います。

これからパウパーを始める人、トロンが気になるけど他のフォーマットでは高価で作りにくいという人に特におススメしたいデッキです。

このブログではこれ以外にもお手頃価格のデッキを多数紹介しているので、もしよかったらチェックしてみてください!

目次
閉じる