トレカのカードバインダーを買ったらMTGをコレクションするのがさらに楽しく!

今日は僕が使用している、Ultimate Guard社製のカードバインダーについての記事です。

MTGはプレイするだけでなく、コレクションするのも楽しみの一つ。

コレクションしたカードを大事に保存したいなら、バインダーは必須です。

今日は僕がカードバインダーを買った理由や買った商品、使ってみての感想をまとめていきます。

今日の記事は、

  • カードバインダーを買おうか迷っている
  • 他の人がどんなバインダーを使っているのか気になる
  • Ultimate Guardのバインダーに興味がある

という人におススメの記事となっています!

目次

MTGに復帰してトレカ用のカードバインダーを買った理由

僕がMTGに復帰してカードバインダーを買った理由、それは所有カードが高額化してきたためです。

MTGに復帰して最初に組んだレガシーの黒単リアニメイト、夢中で集めたカードが気づいたら高額になっていました。

Lake of the Dead MTG
桁が変わっていた。
服従の兜 MTG
1年で倍近く高騰していた。

その後レインボーデプスも使うようになり、これらの高額カードを使わないで保存しておく場面がでてきました。

その時に高額カードをストレージボックスにしまっておくのは怖くなり、カードバインダーの購入を決意。

いろいろなメーカーのカードバインダーを調べました。

老舗アルティメットガードのトレカ用カードバインダーを購入!

色々な会社からカードバインダーが出ていますが、僕が選んだのは、「Ultimate Guard QuadRow 24-pocket ZipFolio XenoSkin」でした!

このバインダーを選んだ理由は下記の通り。

  • 見た目がシンプルでかっこいい
  • 1ページに4列3行の12枚収納できる
  • ダブルスリーブのまま収納できる
  • カードサプライの老舗、Ultimate Guard社製で品質が信頼できそう
  • 1冊で480枚のカードを収納できる

年明けからこのカードバインダーを使い始めて、現在6か月目になります。

実際にカードバインダーにトレカを入れてみた感想

Ultimate Guard QuadRow 24-pocketを6か月使用してみての感想をまとめました!

見た目がシンプルでかっこいい

実際に僕が使っているバインダーがこちら。

シンプルイズベスト。

イラスト等が入っていない、とてもシンプルなデザインです。

落ち着いた印象で、とても気に入っています。

色も6色展開なので、自分の好きな色が選べるのも嬉しいポイントですね!

1ページにダブルスリーブのまま12枚収納できる

同じ行に4枚カードを入れることができるので、デッキパーツを保管しておくのにとても便利です。

リアニメイトのパーツを収納。

僕はレガシーで黒絡みのデッキを使っているので、パーツが重複してきます。

使っていないカードをこのようにしまっておくことでカードを綺麗な状態で保管しておくことが可能。

あと、自分のお気に入りのカードは眺めているだけでうっとりしちゃいますね。

昔憧れていたアングルードの沼をバインダーに入れて眺めるだけで癒されます。

作りはがっしり!1冊で480枚のカードを収納できる!

ジッパー、縫製、生地ともにしっかりしていて、さすがUltimate Guard社製という感じですね。

また、バインダー1冊で480枚のカードを収納できるので、余裕をもってコレクションをバインダーに入れることができます。

多言語、集まってきました。

お気に入りのイラストのカードで1ページ埋め尽くすと、とても気持ちがいいので一度やってみて欲しいですね。

結論、カードバインダーでMTGコレクションがさらに楽しく!

高額カードを保護するために購入したカードバインダー。

その役目をしっかり果たすだけでなく、コレクションとしてカードを眺める楽しみを教えてくれるアイテムだと感じました。

まだバインダーを使ったことが無い人は、是非バインダーを購入してコレクションとしてのMTGの楽しみを感じてもらえれば嬉しいです。

(楽しすぎて今以上に散財するようになってしまったらすいません…笑)

目次
閉じる