【MTG】デュアルランド無しでレガシーを楽しめる『青単デルバー』デッキリスト!

レガシー環境の『青単テンポ』のデッキレシピ

この記事では、レガシー環境で構築可能な『青単デルバー』のデッキリストを紹介します。

レガシー環境のデッキの高額化の大きな要因である“デュアルランド”。

デメリット無しで2種類のマナを出すことが出来る強力なカードですが、その分お値段も高額となっています。

Scrubland MTG
一番安いScrublandでも25,000円以上。

今回紹介する『青単デルバー』は高額の要因の一つのデュアルランドを一枚も使わずに構成された青単のクロックパーミッションデッキ。

飛行を持った軽量クリーチャーや打消し呪文が多数採用された、まさにクロックパーミッションというデッキですね。

13万円弱とレガシー環境の中では比較的安価かつ、Magic Onlineで5勝0敗を達成している強力なデッキとなっています。

レガシー環境に興味がある人や、最近の青単デルバーのデッキリストがどんな感じなのか興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください!

目次

レガシー環境『青単デルバー』のデッキリスト

メインデッキ[60枚]

クリーチャー(16)
4 秘密を掘り下げる者
4 帳簿裂き
2 瞬唱の魔道士
2 厚かましい借り手
1 天上の餌あさり
3 濁浪の執政
 
呪文(27)
4 渦まく知識
4 はらわた撃ち
4 思案
4 定業
1 呪文貫き
1 蒸気の絡みつき
4 目くらまし
1 否定の力
4 意志の力
 
土地(17
4 溢れかえる岸辺
6 島
4 汚染された三角州
3 不毛の大地

サイドボード[15枚]

1 水流破
1 影槍
2 もみ消し
3 外科的摘出
1 火薬樽
1 冬の宝珠
2 基本に帰れ
2 魔力流出
2 真の名の宿敵

デッキ総額は約128,000円!レガシーで青を遊びたいならおススメ!

Wisdom Guildでシングルカードの最低金額を調べたところ、カードの価格の合計金額は約128,000円(127,985円)でした。

一番高額なカードはレガシーの青を代表する一枚と言っても過言ではない、「意志の力」。

MTG 意志の力
イラストもかっこいい…

1枚13,000円以上する高額カードですが、レガシーで青をプレイする上ではほぼ必須カードとなっているので揃えておきたいですね。

僕も黒を中心にレガシーを遊んでいたんですが、最近青も遊んでみたいと思い、少しづつ「意志の力」を集めはじめてます。

高いカードだけに、どの絵柄の「意志の力」を買うかすごい迷いました…。

最終的に僕は思い出のアライアンス版を一枚づつ購入しているんですが、皆さんはどの絵柄が好みでしょうか…?

初版の荒々しいイラスト、かっこいいですよね

『青単デルバー』の注目MTGカード

12枚のドロースペル

「渦巻く知識」・「思案」・「定業」の3種類の優秀なドローサポートカードがそれぞれ4枚、計12枚採用。

MTG 渦巻く知識
ヴィンテージでも制限カードに指定されている「渦巻く知識」

3種類のドローサポートカードを採用することで土地の枚数を17枚、そのうち青マナにアクセスできるのが14枚とかなり土地の枚数を削っています。

不毛の大地 MTG
3枚は特殊地形を破壊できる「不毛の大地」

「意志の力」をピッチスペル専用と割り切ると、最大3マナで多くが1~2マナで構成されているこのデッキでは無駄な土地を引かないということがどれほど重要かがこの構築を見るとわかりますね。

“ニューカペナの街角”から「帳簿裂き」が採用

2022年発売の新セット“ニューカペナの街角”から、「帳簿裂き」が採用されています。

新メカニズム、”謀議”を持った1枚

元のサイズが1/3なので、+1/+1カウンターが1つ乗ると「稲妻」でも倒れないクリーチャーに。

2/4になれば一方的にデルバーも打ち取ることができるので、最近使用率の高い青赤デルバーには大きな脅威になりそうな1枚ですね。

安価で購入可能かと思っていたらあっという間に値上がりしてましたね…欲しいカードはお早めにを痛感しました。

サイドボードに懐かしの「火薬樽」

青赤デルバーの次にレガシー環境でよく見るデッキが、アーティファクトを大量に採用した『8-cast』。

河童の砲手 MTG
この河童がめちゃくちゃ強い。

最近はアーティファクトに対するサイドカードが何枚か採用されることが多いですが、今回のデッキでは「火薬樽」が採用されています。

0マナのアーティファクトを壊したければすぐに起動できる

ウルザズ・ディスティニーで登場した20年前のカードがまだ現役で使えるの、レガシーの嬉しいところですね。

というか、ウルザズ・ディスティニー発売からもう20年が経っているということに時の流れの速さを感じます。

小学生時代、チャリをこいでパックを買いに行った記憶がよみがえります…。笑

今回の『青単デルバー』では「火薬樽」だけでなく、「魔力流出」もサイドボードに採用。

アーティファクト主体のデッキに対する大きな対策となる1枚

昨今のレガシー環境において、アーティファクト対策は必須になってきていますね…。

デュアルランド無しでも強力な『青単デルバー』!

“ニューカペナの街角”で「帳簿裂き」を得て強化された『青単デルバー』。

レガシー環境でデュアルランドを使わないでパーミッションデッキを組みたい人にはバツグンにおススメのデッキですね。

レガシー環境で使う青の主要なカードを網羅したようなデッキなので、今後も色々なデッキに派生できそう。

興味がある人はぜひ組んで遊んでみてもらえれば幸いです。

このブログでは、『青単デルバー』以外にもレガシー環境の格安デッキを紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

それでは今日はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる