【MTG】赤単フェニックス!レガシー環境で安価で構築できるデッキ!

今日はMTGのレガシー環境で構築可能な『赤単フェニックス』のデッキリストを紹介します。

『赤単フェニックス』はパイオニアの『イゼットフェニックス』などで活躍している「孤光のフェニックス」を採用したデッキ。

孤光のフェニックス MTG
フレーバーテキストもかっこいい1枚

パイオニア・チャレンジャーデッキ『赤単バーン』が登場したおかげで「損魂魔道士」が値下がりして、さらに作りやすくなりました。

10万円を超えるデッキがほとんどのレガシー環境で、このデッキは5万円以下で構築可能。

また、使うカードは様々なフォーマットで使えるカードなので、コスパのいいデッキですね。

レガシー環境に格安で参戦したい人、レガシーのデッキを知りたい人はぜひ最後まで読んでみてください。

目次

MTGレガシー環境『赤単フェニックス』のデッキリスト

メインデッキ[60枚]

クリーチャー(16)
4 ドラゴンの怒りの媒介者
4 僧院の速槍
4 損魂魔道士
4 弧光のフェニックス
 
呪文(22)
4 稲妻の連鎖
4 信仰無き物あさり
4 溶岩の投げ矢
4 稲妻
4 魔力変
2 火炎破
アーティファクト(4)
4 ミシュラのガラクタ
 
土地(18)
4 乾燥台地
10 山
4 沸騰する小湖

サイドボード[15枚]

1 トーモッドの墓所
4 赤霊破
1 削剥
4 大歓楽の幻霊
2 発展の代価
1 悪ふざけ
2 貪欲な罠

デッキ構築にかかる金額は約43,000円!

2021年10月28日にWisdom Guildでシングルカードの合計金額を調べた結果、カードの合計金額は約43,000円(42,694円)でした。

最近高い使用率を誇る『イゼットデルバー』が構築に40万円程度かかるなど、高額なデッキが多いレガシー環境ではかなりお求めやすいデッキではないでしょうか?

また、「僧院の速槍」や「損魂魔導士」などはパイオニアでも使えるカード。

先日発売されたコスパの高いパイオニア・チャレンジャーデッキにも収録されているので、こちらもおススメです。

『赤単フェニックス』に採用されているカード

レガシー環境『赤単バーン』のカードも採用

同じレガシー環境で格安で構築できる『赤単バーン』で採用されている「僧院の速槍」や「稲妻」などが採用されています。

MTG 僧院の速槍
パイオニア・モダンでも活躍する1枚
MTG 稲妻
最強の火力呪文

様々な赤いデッキに入るカードなので、赤が好きなら4枚揃えておきたいカードです。

「僧院の速槍」は最近”時のらせんリマスター”で旧枠版が出たのでそれで統一するのもいいですよね…。

『赤単バーン』もレガシーでは格安に構築できるデッキなので、こちらのデッキもおススメ。

何度でもよみがえる「孤光のフェニックス」

追放されない限り、呪文を3つ唱えれば戦場に戻ってくる「孤光のフェニックス」が強力なクロック源となっています。

孤光のフェニックス MTG
相手のデルバー、媒介者とも相打ちが取れる

イゼットデルバーなどのクロック源の飛行クリーチャーと相打ちを取った後、戦場に戻ってこれるのでプレイング次第で大きなアドバンテージを得られる1枚ですね。

最近はアリーナのヒストリックでもよく見かけますが、やはり強力なカードですね。

このデッキにも採用されている「信仰無き物あさり」とも相性がいい1枚。

2枚引いた後に2枚捨てられるのが強い1枚。

このカードがあるおかげで「孤光のフェニックス」を墓地に落とすことができます。

パイオニアやモダンでもデッキのキーカードになる1枚なので、こちらも赤いデッキで各環境を楽しみたい人におススメの1枚です。

ドロー補助アーティファクト「ミシュラのガラクタ」

ドローを補助しつつ、「ドラゴン怒りの媒介者」の昂揚達成の力になる「ミシュラのガラクタ」が採用されています。

ダブルマスターズで再録されたのに高額になったアンコモン

0マナアーティファクトなので色を問わず、様々なデッキで採用できるのが嬉しいカードですね。

2021年に一時期高騰して1枚2,000円近くしていましたが、最近は落ち着いて1,000円くらいになっています。

各フォーマットで活躍する赤のカードを詰め込んだデッキ!

今日はレガシー環境の『赤単フェニックス』を紹介しました。

5万円で構築できるデッキですが、レガシーのオンラインイベントで5勝0敗を達成している強力なデッキです。

これからレガシー参入をするならこのデッキもいいのではないかと思います。

ちなみに黒だと5,000円くらいで構築できるレガシーのデッキもこのブログで紹介しているので、もしよかったらこちらも読んでもらえると嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事があなたのMTGライフのヒントになれば嬉しいです。

目次
閉じる