【MTG】フォーゴトン・レルム探訪のバンドルが予約開始!通常版とギフト版を比較!

フォーゴトンレルム探訪 バンドルはどれを予約する? MTg

今日はMTGの新エキスパンション「フォーゴトン・レルム探訪」のバンドルのギフトエディションが予約開始となったので、通常バンドル版との違いを比較してどちらを予約するかを考えていきます。

毎回人気のエキスパンションでは予約分と初期の販売でなくなってしまうバンドル。

パック以外にも封入物があっておトクなセットなんですよね。

今日は通常版のバンドルとギフトエディションの違いを比較しながら、予約を検討していきます。

目次

MTGの商品、バンドルには何が入っているの?

バンドルには、

  1. バンドル限定のプロモカード
  2. 基本土地5種類×4枚
  3. フォイルの基本土地5種類×4枚
  4. 英語版のドラフト・ブースター10パック
  5. ストレージBOX

が入っています。

価格は税込4,400円で、発売開始日が7月23日です。

フォーゴトン・レルム探訪では、これに加えて「大判ダンジョンカード3枚」が封入されるとのこと。

ダンジョンカードの内容はまだ発表されていませんが、以前あった次元カードのようなものでしょうか?

以前の次元カード(今回のダンジョンカードとは関係ありません)

ダンジョン&ドラゴンズとのコラボということで何か特殊な遊び方が用意されそうですね。

大判ダンジョンカードの内容がとても気になります!

ちなみに僕が以前バンドルを開封したときに書いた記事もあるので、もしよければそちらもご覧下さい!

フォーゴトン・レルム探訪のギフトエディションとは?

バンドルのギフトエディションには、

  1. バンドル限定のプロモカード
  2. 基本土地5種類×4枚
  3. フォイルの基本土地5種類×4枚
  4. 英語版のドラフト・ブースター10パック
  5. ストレージBOX
  6. 英語版のコレクターブースター1パック

が封入されています。

価格は税込5,940円で、発売開始日が8月6日です。

通常版と同じく、こちらにも大判ダンジョンカードが3枚封入されます。

通常版とギフトエディションの違いは?

外箱のデザインが違う

まだデザインが発表されていませんが、バンドルのギフトエディションは外箱のデザインが通常版と違います。

ゼンディカーの夜明けを例に見てみると、まず通常がこちら。

対してギフト版がこちら。

なんだか高級感のあるデザインになっていて、開封時のドキドキが増しそうですよね!

コレクターブースターが封入されているかどうか

価格を比較すると、

バンドル4,400円
バンドルギフトエディション5,940円

とギフトエディションの方が少し高いですが、ギフトエディションにはコレクターブースターが1パック封入されています。

通常版とギフトエディションの差額は1,540円、コレクターブースターの価格は2,200円なので割引価格でコレクターブースターを1パック手に入れることが可能!

ギフトエディションの方がおトク度が増していますね!

発売日が1週間違う

予約ページを見て気付いたんですが、商品ページの発売日が2週間ほど違いました。

バンドル7月23日発売予定
バンドルギフトエディション8月6日発売予定

2週間違うのは何か理由があるのでしょうか…?

理由は調査できませんでしたが、発売日付近で開封を楽しみたい人は通常版の購入がおススメですね!

どちらも人気商品!バンドルは早めの予約がおススメ!

今日は通常版バンドルとバンドルギフトエディションの比較を行いました。

バンドルは毎回早い段階で予約終了になるので、購入を考えている人はお早目の購入をおススメします!

(モダホラ2も途中からバンドルの予約がプレ値になってしまっていました。)

ちなみに僕は販売日付近で開封を楽しみたかったので、通常版バンドルを予約しました。

商品予約ページを下にまとめておいたので、購入される人はこちらからどうぞ!

目次
閉じる