【MTGアリーナ】スタンダード『アゾリウスアグロ』は初心者にもおススメ!

MTGアリーナでスタンダードを気軽に楽しめるアゾリウスアグロ

“MTGアリーナでもテーブルトップでも、スタンダード環境で比較的構築しやすいデッキは何だろう?”

と思って色々調べていたところ、『アゾリウスアグロ』が組みやすく、使いやすそうだったので紹介します。

『アゾリウスアグロ』は自軍を強化する呪文と相性のいい、軽量のクリーチャーを中心としたデッキ。

MTG 賢い光術師
かなりのサイズアップを見込める「賢い光術士」

最近のスタンダード環境は3色デッキが多い印象ですが、このデッキは2色構築かつアグロデッキなので、短時間でゲームを回すことができます。

”時間があまり取れないけど、MTGアリーナで遊びたい…!”

という人や、

“テーブルトップのイベント、時間制限が気になる…。”

という人におススメのデッキですね。

あと、比較的安価に構築できるので、初心者さんにもおススメのデッキだと思います。

興味のある人は、ぜひ最後までお付き合いください!

目次

『アゾリウスアグロ』のデッキレシピ(MTGアリーナにインポート可)

【ここから下をコピーしてMTGAのデッキの[インポート]ボタンを押すとデッキが作成されます】

デッキ
1 軽蔑的な一撃 (KHM) 54
2 ジュワー島の撹乱 (ZNR) 64
1 皇国の地、永岩城 (NEO) 268
4 連門の小道 (KHM) 260
3 秘密を掘り下げる者 (MID) 47
1 双刃の霊 (VOW) 40
3 海門修復 (ZNR) 76
2 帳簿裂き (SNC) 46
3 エメリアの呼び声 (ZNR) 12
2 さびれた浜 (MID) 260
2 セジーリの防護 (ZNR) 37
3 導きの声 (STX) 19
4 嵐追いのドレイク (VOW) 82
4 農家の勇気 (MID) 24
3 とんずら (SNC) 62
4 照光の巨匠 (SNC) 17
2 自身の誇示 (STX) 28
3 渦巻く霧の行進 (NEO) 61
1 天上都市、大田原 (NEO) 271
3 君は近づいてくる護衛兵に気づいた (AFR) 85
2 島 (SNC) 265
3 警備の抜け道 (SNC) 59
3 平地 (SNC) 263
1 消えゆく希望 (MID) 51

サイドボード
1 環境科学 (STX) 1
1 アルカイックの教え (STX) 57
2 軽蔑的な一撃 (KHM) 54
1 記憶留出法 (STX) 25
2 呪文貫き (XLN) 81
1 呪文貫き (XLN) 81
3 厳しい試験官 (STX) 33
2 エメリアのアルコン (ZNR) 4
2 ポータブル・ホール (AFR) 33

【ここから上をコピーしてMTGAのデッキの[インポート]ボタンを押すとデッキが作成されます】

デッキレシピ総額は約18,000円!使用レアは合計21枚!

Wisdom Guildでシングルカードの最低価格の合計を調べた結果、デッキの合計金額は約18,000円(17,839円)でした!

一番高額なカードがアゾリウスカラーの2色土地、「連門の小道」で1枚約2,000円。

連門の小道 MTG
最初500円くらいじゃなかった…?

気づいたら値上がってましたね…まさかショックランドよりも値上がりするとは思ってませんでした。

スタンダードだけじゃなく、パイオニア等でも使える1枚なので、手放さないで持っておきたい所です。

あと、MTGアリーナプレイヤーが気になるカードのレアリティ―内訳も調べて表にまとめました。

神話レア10枚
レア11枚
アンコモン24枚
コモン19枚
基本土地を除く

神話レアとレアの合計枚数が21枚と、最近のスタンダードのデッキの中ではレア枚数少な目のデッキではないでしょうか。

しかも採用されているレアは土地や両面土地などの今後も使えそうなカードが多いのも嬉しい所です。

今後ヒストリックなどでも使えそうな「海門修復」

“ニューカペナの街角”環境『アゾリウスアグロ』で気になったカード

強化呪文と相性のいい軽量クリーチャー

冒頭に紹介した「賢い光術士」以外にも、強化呪文と相性のいい軽量クリーチャーが多数採用されています。

まず新セットの“ニューカペナの街角”から「照光の巨匠」。

二弾攻撃まで付いてる

謀議で強化されるだけでなく、二段攻撃がついているので、サイズアップすると手が付けられなくなりそうですね。

アンコモンでかなり安価で手に入るのが嬉しい1枚です。

また、“イニストラード:真紅の契り”のアンコモン「嵐追いのドレイク」も強力ですね。

カード引く条件、だいぶゆるくないです?

強化呪文がかなりの枚数採用されているので、ハンドアドバンテージをどんどん広げていけそう。

こちらもアンコモンなので、かなり安価に入手可能。

最近インベイジョンブロック構築のデッキを作るために2000年あたりのクリーチャーをあれこれ見ていたんですが、この20年でものすごいクリーチャーが強くなったんだなぁ…ということを感じるカードたちですね。

自軍を強化する軽量の呪文

“魔技”やドローの誘発に繋がる強化呪文がかなりの枚数採用されています。

カードプレビューの時から気になってたんですが「とんずら」が色々な使いかたができそうでいいですね。

+1/+1とフェイズアウト

自軍の強化や除去対策に加えて、相手のブロッカーを一時的に除去できるのが面白い1枚。

あとフラッシュバックで2度おいしい「農家の勇気」も“魔技”やドローの誘発にかなり貢献しそう。

2回誘発させられる。

こう見てみると結構優秀な強化呪文があるんですね。

このデッキと相性のいい「学生の代言者、マビンダ」

今回の『アゾリウスアグロ』では、神話レアの「学生の代言者、マビンダ」で「とんずら」などの強化呪文を使いまわすことが可能になっています。

学生の代言者、マビンダ MTG
ハリー・〇ッター感を感じるのは僕だけではないはず。

「学生の代言者、マビンダ」自体も飛行の2/3とスタッズも悪くないのがいいですよね。

100円以下で購入できるオンラインショップも結構あるので、テーブルトップではかなり安価にそろえることができるのが嬉しい1枚です。

ただ、シングルカード価格が安い神話レアカードをMTGアリーナでワイルドカードで作るのに少し抵抗感あるのは僕だけでしょうか…?笑

『アゾリウスアグロ』、アリーナでもテーブルトップでも遊びやすい!

軽量のクリーチャーと強化呪文を中心にプレイする『アゾリウスアグロ』。

1ゲームのプレイ時間が比較的短めだし、アリーナでもテーブルトップでも比較的構築しやすいので、初心者さんにもおススメのデッキです。

このデッキ以外にも最近のスタンダード環境でおススメのデッキを紹介しているので、もしよかったらこちらもご覧ください。

あなたのMTGライフの何かのヒントになれば幸いです。

それでは今日はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる