MTGのフォーマット、パウパーのメタゲームまとめ[2021年5月]

今日はMTG Gold Fishさんを参考に、パウパーのメタゲームについてまとめていきます。

格安でMTGを楽しめることで人気を集めているフォーマット、パウパー。

メタゲームを知ることで、デッキ構築の幅も広がります。

過去30日でMTG Gold Fishさんのメタ%の高いデッキを5つをまとめて、最新のパックのストリクスヘイヴンからの採用カードについても触れていきます。

目次

2021年5月現在のパウパーのメタゲームについて

まず現在のメタゲームを簡単に表にまとめました。

順位デッキ名MTG Gold Fishのメタ%
1位緑単ストンピィ9.0%
2位青黒フェアリー7.9%
3位青黒赤親和7.5%
4位青緑トロン6.3%
5位青赤コントロール6.1%
すべて1桁台とばらけている印象。

コモンで収録されたことがあるカードのみの構築といっても広いカードプールのおかげで、色々なデッキが存在しているパウパー環境。

コンボデッキは少ないですが、アグロ、ミッドレンジ、コントロール様々なデッキがひしめき合ってきます。

緑単ストンピィについて

1位の緑単ストンピィが唯一の9%台となっています。

緑単ストンピィはフィニッシャーを据えずに2マナ以下のクリーチャーのみのデッキリストが多めで、アグロらしいアグロといった印象。

展開が速いので除去が追い付かなそう…。

あと炎樹族の使者は手札に2マナ以下の呪文があれば実質フリースペルなのでコモン離れしたコモンですね。

パイオニアでも大活躍の彼女。

青黒フェアリーについて

青黒フェアリーに関しては、呪文づまりのスプライトがやはり強い。

呪文づまりのスプライト MTG
コモンだけど100円超えます。

あとETB能力のあるクリーチャーが多いので、忍者がものすごくいい働きをします。

深き刻の忍者 MTG
リソース補充+クロック源

場が整えば忍者のクロックのみで勝つこともしばしば。

ちなみに僕も青黒フェアリーに近いデッキを使っていますが、打ち消しや除去てんこ盛りでコントロールデッキとして成立しているので、プレイしていてとても楽しいデッキです。

青黒赤親和について

まずはエイトグ。即死ダメージ与えてくるので超注意です。

10点以上のダメージを狙える

投げ飛ばしを採用したデッキも多いので、どのタイミングでも気が抜けないデッキです。

あとアーティファクト土地はやっぱり強すぎます。

ストリクスヘイヴンからの採用カードは?

今回のメタデッキに採用されたストリクスヘイブンのカードを紹介します。

湿地帯のグロフ

1位の緑単ストンピィで採用されていた湿地帯のグロフ。

脅威のスタッツ

クリーチャーを一体失うデメリットを含めても、2マナで5/4のクリーチャーが場に出れば問題なし。

今後も緑単ストンピィではよく採用されるカードになりそうです。

学舎土地

4位のトロンデッキでは学舎土地を採用しているデッキがありました。

青緑
青赤

マナを大量に出す事が可能になるトロンならでは採用できるカードですね。

今後もトロンでは使われていくのでしょうか?

注目していこうと思います。

個人的に注目のpauperデッキ

この1か月のイベントを通して一番注目したデッキは、昨日の記事で紹介した超格安白単デッキです。

飛行の回避能力の高さを活かして戦うデッキなのですが、とにかく安い!

1,000円以下で組むことができるデッキなのが何よりも素晴らしいですね。

格安ですが強いデッキなので、これからパウパー参入しようと考えている人にはおススメのデッキです!

今後もMTGのメタゲームを調査していきます!

新たなコモンが収録されるたびに様々なデッキが強化され、メタが変化していくパウパー。

6月18日に発売予定のモダンホライゾン2でも強力なコモンが収録されることが予想されるので、発表が待ち遠しいです。

また、駿河屋さんでもモダンホライゾン2の予約が開始されていたので、もし気になる人はこちらからどうぞ!

目次
閉じる