【パウパー】格安でMTGを楽しめるPauperの『エルフ』デッキリスト!

パウパーで緑単エルフを楽しむ

この記事ではMTGのコモン限定構築、パウパーで構築可能なエルフのデッキリストを紹介します。

先日、会社の先輩が若いころに遊んでいたMTGのカードを頂きました。

そこでMTGに興味がある後輩にデッキを作ろうと思い、先輩からのカードを眺めていると「クウィリーオン・レインジャー」や「フィンドホーンのエルフ」を発掘。

森を使いまわせる名エルフ
趣のあるイラストのマナクリ

「これはエルフを組むしかない…!」

と感じ、デッキリストを探していたんですが、良さげなデッキリストを発掘したのでご紹介します。

パウパーに興味がある人やエルフが好きな人は、是非最後までお付き合いください!

目次

Pauper環境における『エルフ』のデッキリスト

メインデッキ[60枚]

クリーチャー(37)
4 樺の知識のレインジャー
3 エルフの神秘家
4 ヤスペラの歩哨
4 ラノワールのエルフ
4 クウィリーオン・レインジャー
4 エルフの先兵
4 仮面の蛮人
3 幸運を祈る者
4 森林守りのエルフ
1 キヅタ小径の住人
2 リス・アラナの狩りの達人
 
呪文(9)
1 払拭
4 暴走の先導
4 遠くの旋律
 
土地(14)
14 森

サイドボード[15枚]

4 青霊破
2 払拭
2 上機嫌の破壊
2 嵐の乗り切り
2 墓の刈り取り
3 蜘蛛糸の鎧

デッキ総額は約2,200円!Moなら3,000円弱で構築可能!

Wisdom Guildで調べたところ、シングルカードの最低価格の合計額は約2,200円(2,182円)でした。

全体的に100円以下のカードが多いんですが、サイドの「墓の刈り取り」だけ200円前後となっています。

ストーム付き墓地回収カード

ちなみにMagic onlineだと約$27(日本円で3,000円くらい)で構築可能。

パウパーは安価で構築できるので、色々なデッキを組んで遊びたい人にはうってつけの環境ですね。

パウパー環境の『エルフ』で採用されているカード

大量のマナクリーチャー

「エルフ」はマナを生み出すクリーチャーが多い部族。

このデッキにも往年の名カード「ラノワールのエルフ」をはじめ、多数のマナクリが採用されています。

アルファ版から存在する由緒正しいマナクリ
同型再録

また、カルドハイムで登場した「ヤスペラの歩哨」や「樺の知識のレインジャー」を採用することで、多色のマナを生み出す事も可能に。

今回のデッキリストも青・黒・緑の3色で構成されています。

さりげなく到達を持ってる
エルフを二体タップすれば好きな色1色

マナ加速カードが多数採用されている関係で、土地が森14枚のみとかなり少な目。

ただ「クウィリーオン・レインジャー」がいるので、

  1. 森をタップしてマナを出す
  2. 「クウィリーオン・レインジャー」の効果でタップした森を手札に戻す
  3. 手札の森を出してマナを出す

ということが可能なので、初期手札の土地が0枚でなければプレイできるデッキです。

どんどん大きくなる「エルフの先兵」

早いターンでエルフを高速展開していくエルフデッキで、エルフが出るたびに強くなる「エルフの先兵」は早めに出しておきたいカード。

どんどん大きくなる

メインデッキのクリーチャー採用枚数が37枚とデッキの半数以上がエルフなので、大幅なサイズアップが見込めます。

「エルフの先兵」以外にも「キヅタ小径の住人」が採用されていて、こちらは任意のカードを強化可能。

自身も2/3というスペック

横並びにしつつ、クリーチャーをどんどん強化していきます。

エルフを一気に展開できた時の爽快感がたまらないですね。

「遠くの旋律」や「暴走の先導」などのサポートカード

展開する時のリソース切れを防ぐため、青のドローカード「遠くの旋律」が採用されています。

選択したクリーチャータイプ分ドローできる

先ほども書きましたが、メインデッキの半数以上がエルフのこのデッキだと大量のドローが期待できそうですね。

このカード以外にも緑の「暴走の先導」もこのデッキではかなり強力。

うまくいけば5枚手札補充もありえる

これらのカードでリソースを大量補充して、どんどん展開していけるデッキとなっています。

ストレージに眠っているエルフはPauperで活用!

リソースを補充しながら、エルフを大量展開することができる、パウパー環境の『エルフ』デッキ。

『エルフ』デッキは他の環境だとレガシーにも存在しますが、「ガイア揺籃の地」等の高額カードを使うので結構高額になってます。

今回のデッキリストは格安でエルフを楽しめるので、興味がある人はぜひ組んでみてもらえれば嬉しいです。

このブログではこのデッキ以外にも、様々な環境のお手頃価格なデッキを紹介しているので、もしよければこちらもごらんください。

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる