【モダン:青単マーフォーク】MTG初期から存在する部族のデッキリスト!

この記事ではMTGのモダン環境で構築可能な「青単マーフォーク」のデッキリストを紹介します。

MTGの最初のセット、アルファからMTGに存在する部族、『マーフォーク』。

トップメタではありませんが、一定数のファンが存在しており、イベントで5勝0敗を達成することがあります。

モダンホライゾン2で『激浪の形成師』や『海と空のシヴィエルン』といったカードが収録され、強化されたマーフォクデッキ。

島渡りが効果を発揮しやすくなる
アドアドしいマーフォーク

今回はこれらのカードが採用された、マジックオンラインのイベントで5勝0敗を達成しているデッキリストを紹介します。

5万円以下で構築可能なモダン環境では比較的安めのデッキとなっていますので、

  • モダン環境のデッキリストを知りたい
  • マーフォークデッキに興味がある
  • モダン環境に参入してみたい

という人は、ぜひ最後までお付き合い下さい!

目次

モダン環境:青単マーフォークのデッキリスト

メインデッキ[60枚]

クリーチャー(30)
4 激浪の形成師
3 潮流の先駆け
4 アトランティスの王
4 真珠三叉矛の達人
3 マーフォークのペテン師
4 銀エラの達人
4 玻璃池のミミック
4 海と空のシヴィエルン
 
呪文(8)
4 呪文貫き
4 大魔導師の魔除け
 
アーティファクト(4)
4 霊気の薬瓶
 
土地(18)
12 島
1 水辺の学舎、水面院
1 雲の宮殿、朧宮
4 冠水樹林帯
クリーチャー30枚とクリーチャー主体のデッキ

サイドボード[15枚]

2 はらわた撃ち
4 大祖始の遺産
4 対抗呪文
2 ハーキルの召還術
3 オリークの誘惑
はらわた撃ちが採用されている

カード総額は約46,000円!モダン環境では安め!

2021年9月12日にWisdomGuild(外部リンク)さんでシングルカードの最安値の合計金額を調査した所、合計金額は約46,000円(45,310円)でした!

高額デッキの多いモダン環境では安めのデッキだと思います。

また、レガシー環境の「デスタク」や「カウンタースリヴァー」でも使用する『霊気の薬瓶』は汎用性のあるカードなので、モダン以下の環境で遊び続けたい人には揃えることをおススメしたいカードです。

霊気の薬瓶 MTG
クリーチャー主体のデッキでは重宝するカード

マーフォークで採用されているMTGカード

アトランティスの王

アルファ版にも収録されている『アトランティスの王』が採用されています。

初登場は1993年

28年前のカードが現役で使えるというのもMTGの素敵なところですね。

全てのマーフォークに島渡りと+1/+1修正が付くので、冒頭で紹介した『激浪の形成師』と相性抜群。

また、このカードの上位互換である『真珠三叉矛の達人』も4枚採用されているので、高い確率で自軍のマーフォークを強化できます。

こちらは自軍のマーフォークのみ

『激浪の形成師』のおかげでかなり回避能力が高いデッキとなっています。

玻璃池のミミック

ゼンディカーの夜明けに収録されている『玻璃池のミミック』も4枚採用されています。

場合によっては土地にもなる

状況に合わせてコピーする対象を決めることで盤面を有利にすることができそう。

安価なカードなので、部族デッキを組む人は揃えておきたいカードですね。

はらわた撃ち

モダンホライゾン2の登場以降、レガシーでもサイドボードに採用される『はらわた撃ち』が採用されています。

はらわた撃ち MTG
ファイレクシアマナなのでピッチで打てる1点火力

どのデッキでも『敏捷なこそ泥、ラガバン』への対応が求められていることを感じますね。

敏捷なこそ泥、ラバガン MTG
やはり強いトップレアの猿

ラガバンはモダン環境以下で今後も活躍しそうなカードなので、対策カードとして持っておきたい一枚です。

MTGのモダン環境を部族デッキで楽しみたいなら!

今日はMTGのモダン環境の「青単マーフォークデッキ」のデッキリストを紹介しました。

  • モダン環境に安価で参入したい
  • 『霊気の薬瓶』を使った色々なデッキを組んでみたい
  • とにかくマーフォークが好きだ

という人におススメなデッキなので、気になる人はぜひ組んで遊んでみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

このブログではこのデッキ以外にもお手頃な価格のデッキを中心に紹介しているので、お時間があればそちらもぜひご覧ください!

目次
閉じる