【MTG】2021年7月、レガシーではどんなデッキが多く使われた?

レガシー どんなデッキが使われた? MTG

先月に引き続き、MTG Gold Fishさんのメタ%を参考にメタゲームについてまとめました。

モダンホライゾン2が発売され、環境にどのような変化があったのでしょうか?

2021年7月3日現在、過去30日のMTGGoldFishさんにおけるメタ%が上位の5つのデッキをまとめて、注目のカードについてもふれていきます。

この記事は、レガシーにはどんなデッキがあるのか気になる人におススメの記事です!

目次

最近MTGのイベントで使用されていたレガシーのデッキ

まず6月4日から7月3日までのイベントで使用されていたデッキを簡単に表にまとめました。

順位デッキ名使用率
1位イゼットデルバー9.2%
2位スゥルタイホガーク4.3%
3位スノーミラクル4.2%
4位聖遺の騎士を採用したデプス4%
5位エルフとスニークショー3.5%
イゼットデルバーが高め

気になるデッキについて見ていきます。

イゼットデルバー

モダンホライゾン2でイゼットデルバーの内容が大幅にアップデートされました。

1マナ域に「敏捷なこそ泥、ラガバン」と「ドラゴン怒りの媒介者」がそれぞれ4枚づつ採用されているリストが多く見られます。

敏捷なこそ泥、ラバガン MTG
1枚1万円近くする高級カード
アンコモンなのに500円以上するカード

また、濁浪の執政も採用されているリストも多かったです。

呪文の多いこのデッキではかなりのサイズアップが見込める

他のデッキの使用率が4~3%で混戦しているなか、イゼットデルバーは9%の使用率とかなり高めですね。

スノーミラクル

スノーミラクルが使用率上位に食い込んできました。

モダンホライゾン2で収録された「忍耐」と「虹色の終焉」が採用されているリストが多かったです。

到達があるのでデルバーも止められる
低コスト呪文が多いレガシーでは大活躍

カードプレビュー当初から話題となっていたインカーネーションサイクル。

その中でも忍耐は高い採用率となっていますね。

今後もモダン以下の環境ではよく見るカードになりそうです。

注目の採用カードは?

敏捷なこそ泥、ラガバン

あまりの強さに「すぐ禁止になるのでは…?」と思っていた人も多かった「敏捷なこそ泥、ラガバン」がレガシーで猛威を振るっていますね。

敏捷なこそ泥、ラバガン MTG
強力能力を持つおさるさん

ウルザの物語

環境に大きな変化をもたらした「ウルザの物語」も気になるカードです。

ウルザの物語 MTG
スケッチアート版も素敵なカード

大きなアドバンテージを得られるカードということで、様々なデッキで使用されていますね。

今後もどんなデッキで使われていくのか、楽しみなカードです。

個人的に注目しているデッキ

「ウルザの物語」や「思考の監視者」などの登場によりレガシーに登場した、親和デッキに今後注目しています。

1マナで出す事も可能。

レガシーでは比較的安価に組めるデッキリストが多いので、レガシーの新規参入への入り口としてもよさそうなデッキです。

面白そうなデッキを見つけたら、また紹介していこうと思います!

引き続きレガシーのメタゲームを調査します!

モダンホライゾン2で強力なカードが収録され、使用デッキに大きな変化があってデッキリストをチェックするのが楽しい一月でした。

今月にはフォーゴトン・レルム探訪が発売になるので、そこでどんな変化が起きるのかも気になるところです。

来月もイベントでの使用デッキを調査していこうと思うので、引き続き当ブログのチェックをよろしくお願いします!

また、このブログではMTGの様々なデッキを紹介しているので、もしよろしければそちらも読んでみてくださいね!

目次
閉じる