【MTGアリーナ:青黒宝物探し】レア0枚!ヒストリックの面白デッキリスト!

この記事ではMTGアリーナの独自フォーマット、ヒストリック環境で構築可能な『青黒宝物探し』デッキを紹介します。

『青黒宝物探し』は「ゾンビの横行」を使ってゾンビトークンを大量に場に出し、押し切るデッキです。

手札がいっぱいあれば、いっぱいゾンビが出る

今回のデッキはレアや神話レアを使っていません

それどころかデッキの内訳は、

  • 呪文 6枚
  • 土地 54枚
  • サイドボード 土地15枚

と、トガりにトガった構成となっています。

「これで勝てるのか…?」

と思って、実際にMTGアリーナで使ってみたんですが、意外と勝てました。

この記事は、

  • ワイルドカードを減らしたくないけど、ヒストリックで遊びたい
  • 面白デッキでMTGアリーナを楽しみたい
  • ヒストリック環境の色々なデッキを知りたい

という人におススメです。

ぜひ最後までお付き合いください!

目次

青黒宝物探しのデッキリスト(MTGアリーナにインポート可)

【ここから下をコピーしてMTGAのデッキの[インポート]ボタンを押すとデッキが作成されます】

デッキ
4 宝物探し (WWK) 42
6 沼 (MID) 382
2 ゾンビの横行 (JMP) 288
16 島 (MID) 381
4 やせた原野 (ONS) 312
4 ボジューカの沼 (WWK) 132
4 陰鬱な僻地 (M21) 245
4 孤立した砂州 (ONS) 320
4 聖遺の塔 (M19) 254
4 光輝の泉 (M21) 248
4 進化する未開地 (AFR) 256
4 神秘の聖域 (ELD) 247

サイドボード
7 島 (MID) 381
8 島 (MID) 381

【ここから上をコピーしてMTGAのデッキの[インポート]ボタンを押すとデッキが作成されます】

ヒストリック青黒宝物探しはどんなデッキなのか?

『青黒宝物探し』がどんなデッキなのか、簡単に紹介します。

手札のキープ基準

コンボデッキということで最初のハンドが重要です。

  • 聖遺の塔
  • 宝物探し
  • 青マナが出る土地
  • 土地

が揃っている手札をキープしましょう。

この4枚があればこのデッキは動くことができます。

デッキの動き方

STEP
「聖遺の塔」で手札の上限をなくす
タップインじゃないのも優秀。
STEP
「宝物探し」で大量にドローする
土地がたくさん手札に来る(はず)

このカードの効果で「宝物探し」が出たらもう一度STEP2を行います。

「ゾンビの横行」が出たらSTEP3へGOです!

STEP
「ゾンビの横行」を場に出す
大量のゾンビを出せる状況になる

ゾンビが足りなければ「神秘の聖域」で「宝物探し」を回収して手札を補充することも可能です。

島3つの置くまで持つか?
STEP
相手が除去しにくいタイミングでゾンビを展開する
2/2というサイズもいい。

インスタントタイミングでトークンを量産できるので、除去されにくい相手のターン終了時などにトークンを生成します。

このトークンで盤面を制圧して相手のライフを削りきります。

ヒストリックでレア0枚!面白いのでぜひお試しください!

ヒストリック環境でレア・神話レアを全く使わないデッキ、『青黒宝物探し』を紹介しました。

コモン・アンコモンのみの構築ですが、結構強いデッキじゃないかなぁと思います。

使ってて面白いデッキなので、興味のある人はぜひ遊んでみてもらえると嬉しいです。

このブログではこのデッキ以外にも様々なMTGのデッキを紹介しているので、お時間のある方はこちらもご覧ください!

目次
閉じる