【MTG】フォーゴトン・レルム探訪!赤黒の統率者デッキ「次元の門」について!

今回の記事では2021年7月23日発売予定のMTGの新製品、フォーゴトン・レルム探訪の商品、統率者デッキの内容についてまとめました。

先日グルールカラーの「ドラゴンの怒り」を紹介しましたが、今日はラクドス(黒赤)カラーの統率者デッキ「次元の門」の「統率者」と「注目の収録カード」をまとめていきます。

今日の記事は,

  • 今回の統率者デッキの統率者や注目カードを知りたい
  • ラクドスカラーが好きだ
  • 統率者デッキの購入を迷っている

人におススメの記事です!

目次

「次元の門」の統率者!

統率者「秘本に縛られし者、プロスパー」

マナ加速とカードアドバンテージ両方を得られる

場にいる限りアドバンテージを与えてくれる強力な統率者。

接死を持っていて、タフネス4という焼かれにくいスペックもいいですね。

新しく収録された注目のMTGカード

統率者以外にも強力なカードが登場しています。

熱病の疑惑

8マナという高コスト呪文ですが、その分効果も強力です。

反復もついているので通ればかなりのアドバンテージを得ることが出来そう。

統率者で宝物トークンを貯めてマナ加速して早めに唱えていきたいですね。

暴走魔法のソーサラー

統率者がいる状況であればかなり盤面を有利にできそうな面白いカードですね。

EDHでどんな活躍をするのか、これから楽しみです。

再録のカードで強力なMTGカード

礼儀妨害

統率者2017に収録されていた「礼儀妨害」が収録されています。

場が荒れそうな赤の名カード

場が膠着した状況で唱えると面白そうなカードですね。

プレイング次第ではヘイトがたまりそうなカードなので唱えるときは慎重に唱えましょう。笑

力の頂点

10マナという超高コストゆえになかなか使いどころのない「力の頂点」が採用されています。

強いけど10マナは重い…。

統率者が場に出ている状態をキープして呪文を唱えていけば宝物トークンが増えてマナ加速できるので、このデッキでは使いどころがありそうですね。

めくれるカード次第ではかなりのアドバンテージをとれそう。

2021年の統率者デッキも人気MTG商品!予約は早めが吉!

今回はフォーゴトン・レルム探訪の統率者デッキ「次元の門」の統率者と注目カードについてまとめました。

自分のライブラリーを追放してアドバンテージを取っていく面白い統率者を活かしたデッキですね。

統率者デッキは毎回人気のものは品薄になりますので、欲しいデッキがある時には予約しておくことをおススメします!

今後もこのブログではフォーゴトン・レルム探訪の情報をまとめていきますので、引き続きチェックしてもらえると嬉しいです。

最後に今日紹介した統率者デッキの商品リンクを張っておくので、購入を考えている方はチェックして下さいね!

統率者デッキ「次元の門」

今日紹介した統率者デッキ、「次元の門」はこちらからどうぞ!

目次
閉じる