【MTG】”統率者デッキ:Warhammer 40,000″結局どれがおトク?

統率者デッキWarhammer40,000はどれがおトクなのか?

2022年10月7日に発売された”統率者デッキ:Warhammer 40,000″。

世界で人気のミニチュアゲーム「Warhammer 40,000」とMTGのコラボということで、新規カードがかなり多いデッキとなっています。

4つのデッキが発売されましたが、果たしてどれが一番お得なのか…?

気になったのでデッキに収録されているカードの値段を調べた結果をまとめておきます。

ちなみに今回の価格は、Wisdom Guildのシングルカードのトリム平均価格を参考にしました。

「EDHを始めてみようと思うけど、どんなデッキで始めるのがいいんだろう…?」

という人や、

「Warhammer 40,000の統率者デッキ、どれがおトクなの…?」

という人は、ぜひ最後までお付き合いください!

目次

4位 – ティムールカラーの『ティラニッドの大群』

まず最初に紹介するのがティムールカラー(緑青赤)の『ティラニッドの大群』です。

統率者はカウンターでアドを取っていく「スウォームロード」ですね。

能力があるので実質6マナ7/7

マナコストが重めですが、場に出ればしっかりアドを稼いでくれそう。

「スウォームロード」を活かすため、カウンターを乗せるカードなどが豊富に採用されています。

『ティラニッドの大群』のトリム平均金額の合計金額は22,546円でした。

順位が一番下のデッキでも小売価格の4倍近くの値段になる統率者デッキ、恐るべしですね…。

ちなみに高額なカードがこちら。

  • 歪みを侵食する影[1,684円]
  • トキシクレイン[1,672円]
  • ケラーモーフ、ギルソン・スターン[1,664円]

これだけでほぼ販売価格になってます。すごいな。

3マナのエンチャント、「歪みを侵食する影」は早いターンから相手の動きに制限がかけられるので重宝しそう。

こちらのデッキはAmazonで6,000円以下で購入可能。

クリーチャー主体のデッキが好きな人におススメのデッキですね。

3位 – 黒単の『ネクロン王朝』

次に紹介するのが黒単の統率者デッキ『ネクロン王朝』です。

統率者は、墓地を肥やせるクリーチャー、「沈黙の王、スザーレク」。

毎回3枚切削って結構強くないです?

さりげなく飛行持ちで回避能力あるのもニクいですね。

黒単なのでトリプルシンボルも問題なく払えそうです。

『ネクロン王国』のトリム平均金額の合計金額は23,531円でした。

ちなみに高額なカードがこちら。

  • 久遠なる栄光の笏[2,278円]
  • 無限なるトラザイン[1,429円]
  • 暗黒[1,021円]

シングル価格2,000円を超えている「久遠なる栄光の笏」、単色のデッキならかなり使えそうなカードですね。

沼が多く採用されているこのデッキでは3マナ能力の達成も容易。

あと再録の少なかった「暗黒」が再録されたのが個人的には嬉しいデッキでした。

黒版の濃霧

こちらのデッキもAmazonで6,000円以下で購入可能。

お安くEDHのデッキを手に入れたい人におススメですね。

2位 – エスパーカラーの『帝国の諸軍』

第2位がエスパーカラー(白青黒)の『帝国の諸軍』でした。

統率者は定期的な調査でアドバンテージを拡げられそうな、『異端審問官、グレイファクス』。

他のクリーチャーにも警戒がつくの、結構いいですね。

ド派手な能力ではないですが、地道にアドを稼いでいつの間にか有利にゲームを進められそうなデッキですね。

『帝国の諸軍』のトリム平均金額の合計金額は27,027円でした。

ちなみに高額なカードがこちら。

  • 黄金の玉座[3,350円]
  • 聖カトリーヌの凱旋[3,202円]
  • ヴェクシルス・プラエトール[2,106円]

「黄金の玉座」、実質エクストラライフを得られるのが面白いアーティファクトですね。

しかもクリーチャーを生け贄に捧げれば好きな色の組み合わせの3マナというのもかなりいい感じ。

高額カードだけでも買う価値があるデッキな気がします。

1位 – グリクシスカラーの『禍つ神々の力』

今回の”統率者デッキ:Warhammer 40,000″で一番高額だったデッキがグリクシスカラー(黒青赤)で構築された『禍つ神々の力』でした。

統率者は5/5トランプルに強力な能力も持っている、「強奪者、アバドン」。

続唱、気持ちいいですよね…。

ライブラリーを坊主めくりしていく”続唱”、アドアドしい感じがして好きです。

『禍つ神々』のトリム平均金額の合計金額は27,539円でした。

高額なカードは次の通り。

  • 暗闇の君主、ベ=ラコール[3,840円]
  • ポクスウォーカー[2,772円]
  • 血の神に血を捧げよ![2,460円]

「暗闇の君主、ベ=ラコール」、強力なデーモンですね。

このカードを統率者にしたデッキも面白そう。

デーモン好きは持っておきたい1枚ではないでしょうか?

『禍つ神々の力』、Amazonなら6,000円を切って販売されています。結構安いのではないでしょうか?

どの統率者デッキも魅力的な”Warhammer 40,000″!

MTGを多人数で楽しめる統率者戦。

今回の”Warhammer 40,000″統率者デッキ、強力なカードが多いので統率者戦入門にピッタリではないでしょうか?

最後にもう一度今回のデッキ名とトリム平均の総額をまとめておきます。

デッキ名トリム平均総額
ティラニッドの大群(ティムール)22,546円
ネクロン王朝(黒)23,531円
帝国の諸軍(エスパー)27,027円
禍つ神々の力(グリクシス)27,539円

個人的に一番おススメなのは地味にアドアドしいエスパーカラーの『帝国の諸軍』ですね。

最後までお読みいただいたあなたのお好みのデッキはどれでしょうか?

それでは、今日はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次