【MTG】”ニューカペナの街角”バンドルのセットブースター開封!

ニューカペナの街角のバンドル開封

久々にMTGの商品開封記事をアップします。

“団結のドミナリア”が発売になった2022年9月、僕の家に届いたのがこちら。

まさかのニューカペナ。

みんなが”団結のドミナリア”開封で盛り上がっている中、本日は”ニューカペナの街角”のバンドルの開封記事となります。

今回のバンドル、ストレージボックスがかっこいいなーと思って購入を迷ってたのですが、ちょうどデッキを入れるストレージが一つ必要になったので購入。

実質4,000円の高級ストレージですね…!

どんなストレージだったのか紹介しつつ、ストレージのおまけについてきたセットブースター8パックの開封結果もアップします。

“ニューカペナの街角”のバンドル購入を迷っている人のヒントになれば幸いです!

まずはバンドルの内容からお伝えします。

目次

MTGのバンドルの内容は?

バンドルには、

  1. バンドル限定のプロモカード
  2. 基本土地5種類×4枚
  3. フォイルの基本土地5種類×4枚
  4. 英語版のセット・ブースター8パック
  5. ストレージBOX
  6. 大型のライフカウンター

が入っていて、価格は1個4,400円(税込)となっています。

ストレージボックスと大型のライフカウンターはバンドルでしか手に入らない製品。

どちらもそのエキスパンションのイメージに沿った物が毎回作成されるので、デザインが毎回楽しみな商品です。

2022年9月現在、楽天で送料無料3,960円のショップが最安となっているようなので、購入するなら楽天がおススメですね。

開封の儀の前に発売から3か月以上たってみて、”ニューカペナの街角”はどんなカードが当たりなのかを調べてみました。

ニューカペナの街角の当たりMTGカードは?

2021年9月6日現在の通常枠の予約価格(晴れる屋さん参照)で見る当たりカードは以下の通りです!

  1. 【5,500円】帳簿裂き
  2. 【4,200円】未認可霊柩車
  3. 【2,600円】敵対するもの、オブ・ニクリシス
  4. 【1,600円】ラフィーンの塔
  5. 【1,200円】産業のタイタンや三色ランド

*すべて日本語通常枠の値段

上位2枚がレア枠ということで、開封に期待が持てますね。

「帳簿裂き」、「未認可霊柩車」どちらもスタンダード以外の環境でも活躍する強力なカードです。

帳簿裂き MTG
新環境でも活躍しそうな1枚
未認可霊柩車 MTG
強力な墓地対策カード

レア枠のカードが1枚5,500円ってかなり高額ですよね…。

新しいスタンダード環境でも早速活躍しているようなので、今期もよく見るカードになりそうです。

収録されている3色ランドも各環境で使えそうだし、アンコモンの「照光の巨匠」も晴れる屋で300円だったりしてます。アツい。

照光の巨匠 MTG
アンコモンでよかったのか枠

バンドル開封結果

開封の儀!

さっそくバンドルを開封していきます。

箱に入っている内容物がこちら。

段ボールに切り離せるカウンターやニクリシストークンが付いている

シンボルマークがついている大型のライフカウンター、使う機会はあまりないんですが綺麗なのでコレクションしてます。

使わずに保管。

あとバンドルについてくるストレージ、今回のは特にかっこいいですね。

今までで一番好きかもしれない

デッキケースを入れるストレージにちょうどいいサイズだし、作りがしっかりしているので重宝します。

デッキが気づいたら増えてるので、このストレージも定期的に補充しなきゃなりません。

それでは、セットブースター8パックを開封していきます。

対戦よろしくお願いします。

レアは何を手に入れた?

今回セットブースターを開封して出た神話レア・レアがこちらです!

右下で一気にテンションがあがった。

セットブースターの醍醐味、リスト枠で初めて当たりを引きました!

レガシーで使える強力なエンチャント。

「血染めの月」が封入されていたパック、最初がフォイルの山でそのあと特殊地形が3枚連続というパックだったのも面白かったです。

リスト枠から当たりを引く感覚、たまらないですね…!

「血染めの月」を含むレアカードの金額をWisdom Guildでトリム平均額を調べてみました。

  • 【923円】華やいだエルズペス
  • 【400円】光素の泉
  • 【502円】希望の源、ジアーダ
  • 【47円】構造的突撃
  • 【51円】高街のペガサス
  • 【150円】Hargilde, Kindly Runechanter
  • 【1,245円】ザンダーの居室
  • 【104円】敵意ある乗っ取り×2
  • 【107円】やり手の交渉人、ヴァジ
  • 【246円】虚空裂き
  • 【3,001円】血染めの月

全レアの合計額が6,776円とボチボチいい結果だったのではないでしょうか?

「血染めの月」が古い高額なものも平均額に入っているのでトリム平均が高くなっていますが、それを加味してもレアカードだけで定価以上の価値があったんじゃないかと思います。

あと価格こそ低いですが、箔押しフォイルが豪華な感じがしていいですね。

かっこええ…。

“ニューカペナの街角”バンドル開封、大満足でした。

ニューカペナの街角のバンドル、ストレージがかっこいい!

セットブースターの開封だけでも十分に楽しめるし、当たりもデカい”ニューカペナの街角”バンドル。

最後にもう一度言いますが、ストレージがめっちゃかっこいいです。

バンドルを買わないと手に入らない1品

デッキケースにもちょうどいいので、気になる人はぜひ一つ購入してみてはいかがでしょうか?

商品のリンクも張っておきます。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次